Dear 摂食障害さま その1

1 / 3 ページ

「摂食障害」って何か、知っていますか?

それって、やたらやせたい人がなる病気だよね。
なんかダイエットやり過ぎとか。

 私は約30年間も、この「摂食障害」とつきあってきました。

 ひとことで摂食障害といっても、人によって症状は様々です。

 あくまでも「私の場合」ということで、この話を読んでいただければ幸いです。


 昨年の春、私はとある病院に入院した。

 これまでも何度も何度も入院しましたよ。モノが食べられなくなって、

 体重が減って、動けなくなって、頭の回転が悪くなって。

 私の場合は「拒食」オンリー。とにかく食べない。食べたくない。

 しかし夫が買ってきてくれる「コンビニケーキ」だけは食べていたなあ…。


 仕事は休めない、休みたくない。それも病気のなせるワザ!

 「強迫観念」というのがとても強くて、

 どんなことがあっても、やらなきゃいけないことから

 手を引くことができない。


 あの冬~春は、「特別大不調大会」だった。

 職場の人から見たら

 「少食だけど、元気でてきぱき働く」だったと思う。



でも、本当は心も体もぼろぼろ。

人の名前が分からない、今おいた書類の場所が分からない、

階段を上ると倒れそうになる、

もちろん眠れない…。 

もうだめだって言うことができたらよかった。

でもいつもそう。

外では「できる人」のまねをして

自分を追い詰めて、追い詰めて

「食べない」ことで「実はできない自分」を処罰する。


でもそのことを

本当にはっきり自覚することができたのは

今回の入院が初めてだった。


いい加減だけど素晴らしいドクターと

本当に親身になってくれるスタッフ、

そして留守宅を守り、

毎週末の外泊の時に

みんなの読んで良かった!