第138章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

1 / 4 ページ

✿「悪行&悪性」の方が「善行&善性」より人は本来は多いもの だからこそ・・・


私が人間分析学を学び 驚いたことは

人は もともとも生まれもった「素性」は

「悪性」の方が倍あるもの

だからこそ「性悪説」に基づき

モノゴトを見て捉えて考える必要があるということ

私どちらかというと「性善説」思考だったので

「なるほど」と納得したのは

性悪説が正しいとか性善説が正しいとか

そういうレベルの二極論でなく

事実として「人間」は

悪性&悪行が当たり前と考えるから

できなくても、うまくいかなても それは当たり前なので そこに心のベースがあるからこそ 少しでもうまくいったというに事実に 心から感謝できるのであり だからこそ 基本姿勢や心構えが モノゴトに対して謙虚な姿勢になれるということ


「できて当たり前」「善くて当たり前」という 善説に基づいて考えたり、思ったりすると

「期待値」通りにいかないことに 「不満」や「批判」「文句」「批判」「悪口」 そして一歩間違えると「嫉妬」という 人間の一番醜い感情ができくる


人間関係の「摩擦」の原因は

相手が自分の「期待」通りにやってくれない してくれない ことからくる「感情」の負の部分です。

相手は相手であり、自分は自分なのに

どういうわけか人は相手に対して過大な期待をしてしまうもの

みんなの読んで良かった!