三度目の結婚で学んだ再婚してうまくいく人とまた別れる人の分かれ道~再婚してうまくいくための7つの法則~

1 / 7 ページ



今日は、

個人で起業を志したり

自分で会社を設立したり

自らの才能を花開かせながらも

パートナーとの問題を抱えていたり

または再婚を考えている人にお伝えします。



私、風間俊太郎は二度の離婚、

三度目の結婚から

再婚してうまくいく人

再婚してまた別れる人の

ほんのちょっとの違いが

相手ではなく

自分の中にその基点があることに気づきました。

なぜそれが言えるのか

私の実例を元にお話しさせてください。

__________________


その夜、私は眠れずにいました。

金曜夜、何時になっても

一昨年の暮れに結婚した妻が帰ってこないのです。

その日は友人との飲み会と聞いていたのですが、

夜中の1時2時になってもメールもない。

そのうち帰ってくるだろうと、

布団の中でうとうととするのですが眠れません。

外がうっすら明るくなった4時過ぎにドアがガチャ、

妻が帰ってきました。

洗面所で顔を洗って、

布団の中に入る妻。

私が眠っていると思ったようです。



“ちょっと待って”

隣の布団で眠ろうとする妻に、

こんな一言を投げかけました。



“オトコいる?”

一瞬、間があって

“うん”




“何~!!!”

“ちょっと待ってくれ!!!”

聞いた私も変でしたが、

妻から返ってきた言葉に

どう反応すればいいか分からずに

“もう一緒に住めない”と伝えました。



もう頭が真っ白になっている私

その横でそそくさと荷物をまとめる妻

大きなバッグに洋服を入れ込むと

妻は部屋からスルッと出ていきました。




あれは忘れもしない

2002年の9月8日




その3ヶ月後に

修復交渉は叶うことなく離婚届を出しました。



話を戻すと

私の中ではそうなることは

どこか想像していたのかもしれません。

なぜなら、

会社を立ち上げたのがその年(2002年)の6月でしたが、

その年の三月まで勤めていた会社を辞める一年前から

どっぷり会社設立の準備で頭がいっぱいで

妻との会話は事務的なホウレンソウだけでした。



それだけでなく

当時勤めていた広告制作会社を辞めて

独立する決意をしたものの

起業家としてスタートする緊張感やら不安感やらで

気持ちが不安定になっていたのです。




起業準備では、

細かな事務作業や登録作業を

当時の妻はなんでも手伝ってくれていました。

それなのに

あれが良くない

これが良くない

こーするのが当然

あーするのが当然

まるで奴隷のようにこき使っては

マイナスなところばかりに目がいっていたのです。



妻の不満は鬱積していたのだと思います。

家にいながら誰かと頻繁にメールをする姿や

目の前の仕草から

何か隠し事があるようにも思えましたが

まさかそんな不満に耳を傾けてくれる他の男性と

あの夜の数ヶ月前から恋に落ちていたとは

思いもしませんでした。



実は、二度目の結婚の終演です。

一度目の結婚も

この二度目の結婚も

二年と持ちませんでした。

ちなみに一度目の結婚は

二度目の結婚相手となった妻との浮気が原因です。

私は最低最悪な男なのです。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。