1%の方に語りかけているにしては、読者が多い。

1 / 3 ページ

1%の方に語りかけているにしては、読者が多い。


  東大や京大やと騒ぐのは受験生だけ。英検1級や通訳ガイドやと騒ぐのは英語学習者だけ。そんな人は社会に1%もいなくて、ほとんどの人にとっては、「どうでもいいこと」。

  塾講師が困る時って、いろいろある。たとえば、全く勉強ができない子を相手する時。勉強ができない子は、問題の難易度も判断できない。だから、クラスで一番の子でも難しいような難問を平気で質問してくる。


  基本ができていないのだから、説明しても分かるはずがない。


「キミは何も分かってないから、この問題をやる必要はない」


 というのが、正直なところ。


 しかし、現代日本ではこういうことを言うと


「差別だ!デキスギくんには説明していたのに!」


 と、興奮する。親からも抗議がくる。


 だから、絶対に理解できないと分かっているのに解説させられる。虚しい・・・。


 逆の場合もある。


 私の同僚は、こういう勉強のできない子の指導が好きらしい。学年で一番の子の持ってくる質問は難しいらしい。そして、解答するのに時間がかかると


「もういいです」


 と、あからさまに侮蔑の表情をして去っていくそうだ。


「あの子の指導は、絶対にイヤ!」


 と言う。


 医者が外科や内科などに分かれているように、塾講師も「できない子指導講師」や「できる子指導講師」などに分かれる。どんなタイプの子の指導もできる講師など、この世にいない。


「医者」の画像検索結果  女医さんって、カッコイイ。


 だから、ごちゃ混ぜの公立中学校の先生は、不可能なことを任されている。現実には、中間の子に向けて授業をし、教材を作っている。下層は落ちこぼれ、上層は浮きこぼれている。


   教師や講師ができることは限られている。生徒本人が勉強を始めないと、何もできない。勉強を始めたら、それに手を貸すことはできる。学校や塾を


「遊びに行くところ」


 と認識している子には、何もしてやれない。そういう子のための高校も、大学も、塾もあるのだから当塾では、何もできない。


みんなの読んで良かった!