13で親に捨てられ、何とか生きて 何とか人並みになれたから 明日、東京を離れるよ。

とにかく何もなかった、金も家も、

でも心はなぜか今以上に満たされていた時代。

今夜は寝れないから、あの頃の事少し思い出しながら寝ようかな。


… … …

25年前

2日分の下着と、ギターと、2万円を持って

この街に着いた。



泊まる場所は無くても怖くはなかった

特技があったから

この2年間家賃も光熱費も払ずに3回引越ししてきた。

女性の家に転がり込むのが天才的だった。


池袋西口 マクドナルド 午前9時

アルバイト情報誌とハンバーガー

日雇い、履歴書不要、寮有り

これが俺の条件

電話する、待たされる、また10円が落ちていく、早くしろよ。

明日8時に巣鴨駅前集合、

白いバン、ナンバーは、○○○○


明日の夜には8000円入る。安心。

後は今晩寝る場所を探す。

窓から交差点眺める。

人が交差する。

あの人もあの人もあの人も僕は知らない、

あの人も僕を知らない

殆どがこうやって出会わないまま、他人のまま。


そう、でも、

今日はキミと出会ってしまったね。

さっき声かけた女の子と食事。

食事代は先行投資。

全身がアンテナ化したこの体で

彼女の微妙な変化を分析。

イケる。半落ち。

この子の家に泊ろう。

来週くらいから行けそうだな。


日後、初めてキミを抱く。

キミの部屋で。

もう離れたくない。

このまま、一緒に暮らそう。

明日の為に。そう呟いた。


そう。いつも殆ど失敗しない。


この街で生きてゆく。


親はいない。小さい時捨てられた。

でも夢があるからこの街に来た。

嘘ではないからオレの瞳は、いつも

目の奥が寂しそう。 とよく言われる。

最大の武器でもあった。

ひどいね、オレ。

ミュージシャンに憧れて

ゴールのない道に迷い込んで

オレの作った歌も雑踏にかき消される毎日

苛立ちは、隠しきれなくて。

偽善の愛に変えて、知らない女性を抱く。

直ぐに快楽が得られるから。

幸せだと勘違いさせるため。

幸せなんかじゃない事。

もちろんわかってるよ。

それでも、女性の胸に。

オレの心をうずめたかっただけ。

その時だけ全部忘れられたから。

やがてその女性も嘘に気づきはじめる。

オレは新しい家を交差点の真ん中で探している。

また一人この街の魔力におびき寄せられて

田舎から先月上京した、まゆみと不自然に出逢う。

当たり前のように2週間後オレは、まゆみの家にいた。

まゆみの夢はなんだったんだろう?

俺なんかと出逢ったから。

セックスで、お互い寂しさを埋めあっていただけの毎日に生産物は何もない。

ワンルームの部屋。シングルベットに2人。

いってらっしゃいの言葉の代わりに、今晩は帰る?

今日は初台に住んでいる女優志望の彼女の家。

今夜は戻らない。

いや、、そろそろ戻らない。

この街に来て成功者の話は輝かしくドキュメンタリーとして見るが、ほとんどはその逆で

夢を諦めて、今夜も深夜バスターミナルでは

決心を終えた清々しい笑顔、その反対側に寂しさの横顔を隠しながら実家行きのバスに乗込む人がいる。

若さは恐ろしい。

何も怖がらないから。

未来を見る感受性がまだ研ぎ澄まされていないから。怖いのである。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。