13で親に捨てられ、何とか生きて 何とか人並みになれたから 明日、東京を離れるよ。

1 / 3 ページ

とにかく何もなかった、金も家も、

でも心はなぜか今以上に満たされていた時代。

今夜は寝れないから、あの頃の事少し思い出しながら寝ようかな。


… … …

25年前

2日分の下着と、ギターと、2万円を持って

この街に着いた。



泊まる場所は無くても怖くはなかった

特技があったから

この2年間家賃も光熱費も払ずに3回引越ししてきた。

女性の家に転がり込むのが天才的だった。


池袋西口 マクドナルド 午前9時

アルバイト情報誌とハンバーガー

日雇い、履歴書不要、寮有り

これが俺の条件

電話する、待たされる、また10円が落ちていく、早くしろよ。

明日8時に巣鴨駅前集合、

白いバン、ナンバーは、○○○○


明日の夜には8000円入る。安心。

後は今晩寝る場所を探す。

窓から交差点眺める。

人が交差する。

あの人もあの人もあの人も僕は知らない、

あの人も僕を知らない

殆どがこうやって出会わないまま、他人のまま。


そう、でも、

今日はキミと出会ってしまったね。

さっき声かけた女の子と食事。

食事代は先行投資。

全身がアンテナ化したこの体で

彼女の微妙な変化を分析。

イケる。半落ち。

この子の家に泊ろう。

来週くらいから行けそうだな。


日後、初めてキミを抱く。

キミの部屋で。

みんなの読んで良かった!