視覚障害&発達障害?!25社以上、転職しまくりダメ人生だったが、ひとり整体院という天職を見つけて6年目!(4)

(4)狭い空間+同じメンバー+長時間 これが最も危ない(私は平気だったが!)

こんにちは、池袋で小さなひとり整体院をオープンして
6年目の 竹本淳一です。

お仕事≒ほぼ人生。


25社以上転職をしている私。
クビが多かったです。

発達障害の人は研究職などが向いています!
とネット上にありましたが


私には無理な話でした。


中学の時の簡単な理科の実験でも
不器用&飽きてしまい興味わかない。

学歴がいる(大学院卒が望ましい)
論文読むために英語力が必要。


くだらない雑学知識を得るのは
好きなのですが、・・・・


--------------------------------------

当時の私、いやおそらく今でも

狭い空間で濃密に長時間
同一メンバーと一緒にお仕事を
ずっとしていると、

自分では気を付けているつもりですが
他の人とは違った言動・行動で
少しずつ、じわじわと
イラッとさせてしまう傾向があるようです。

寛大なリーダーがいてくれた職場では
職場での寿命が少し延びるのです・・・


(アニメ宇宙兄弟の目玉シーンである)
宇宙船の中でとか
潜水艦の中とか軍隊の中とか
ちょっと考えただけでも無理!

かつて山小屋にこもった
連合赤軍なら真っ先に粛清されそうです!


行ってきま~す!と外に出てお客さんを
案内する水商売のキャッチ営業をはじめ

社外営業に出るお仕事の場合は
内勤の女性社員からキモい!変なヤツ!と
嫌われるまでの猶予期間は長かったですね。

その代わり、移動の車内で、まあいろいろ。

同チームになった上司・同僚からは
最初の3日目~1週間ぐらいはウケは悪くないのです。
車内でロープレ・営業トーク練習を
和気あいあいとやってました。

でもでも!
10日目~2週間目ぐらいから雰囲気がおかしくなり
お前!車から降りろ!」と
それまで親切丁寧に教えてくれてた上司に言われ
訳分からぬまま車から引きずりおろされ

一昼夜かけてトボトボ歩いて帰ったたことも
ありました。未だに理由は分かりません。

そして、アイツと一緒のチームは嫌だ!と
支店の各車両長さんたちが 支店長に強く訴える。

大人になってからも

い~るか、いらんか、ジャンケンポン!
いらん!え~ うちらもアイツいらんわ~
の再現です。

そして、クビ とかありましたね。


ストックホルム症候群では
凶悪犯でも同じ環境でずっといれば
しだいに愛着が湧いてくる。


その逆バージョン
最初は、まあ真面目でヤル気ある社員に
思われても同じ環境でずっといれば
しだいに嫌気がさしてきて耐えられなくなる。
逆ストックホルム症候群!でしょうか・・・


私もクビになったり離職するたびに
反省し検証し 対策を立てました。
試行錯誤ですね。


例えば

お前さ、生真面目すぎ堅物すぎるんだよ
それがキショイんじゃ!

と、上司に言われてクビになった直後


次の職場で、
「適当に」手を抜いたつもりでしたが

ふざけている、不真面目、
さぼっているんちゃうんか?

と言われて、より短い期間でクビになったりと。


それでも
職場に居られる猶予タイムが少しずつ
伸びるようになりました。


しかし、それでも油断をすると逆戻り。
なかなか難しかったです!


ここまで読んで頂きありがとうございます。

次回は、各職業別 適合、不適合を
書いて行く予定です。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。