老けたことが理由で夫に捨てられた私がアンチエイジング講師になったワケ

1 / 6 ページ

突然ですが
最近とても目に余ることがあります。


私、若返りサポーターfumiは

世間では極めて穏やかで面倒見のいい?

性格で通っています。 


怒ることなんてまずありませんし、

誰かを批判することも、けなすことも、

一切ありません。 


みんなと仲良くやっていればいい、

あえて誰かとやりあう必要もない


・・・そう思っていたから、誰とでも仲良く、

にこやかに接してきたんです。 


でも。

それも今日までです。


最近の美容業界は

目に余るものがあります・・・ 


そもそも、ある事件を境に

ストレスで急激に老けてしまった私の人生を、

180度変えてくれたのがアンチエイジングでした。


それをきかっけに美容に興味を持ち

今、私はアンチエイジングの講師として

教鞭をとっているのですが


そのおかげで

自分の存在意義や社会に対する役割なども

実感することができるようになりました。


老けたまま自分のことを蔑んだまま

ずっと生きるだけの人生だったら・・・。 


そう思うと

恐ろしくて夜も眠れなくなる時もあります。 


ですから、私は、

どんなハンディキャップを背負った人間にも

平等に美しくなれるアンチエイジングの

可能性と素晴らしさを、人一倍実感しています。 


なのに、今の美容業界は

効果のないアンチエイジング法を

さも凄そうに伝え


金の亡者と化したメーカーが、

無知な者から金を搾り取り・・・


挙句の果てに効果が思うように出ないのは

「あなたがキチンと行動しないから」と、

購入者のせいにする。


そんな世界になってしまいました。


あなたたちは美容業界における公害です。
一秒でも早く、さっさと消え失せてください。


そう、正直消えてしまったほうが

いいと本当に思っているんです。


しかし、まさかこんなことを

メーカーの前で言うわけにはいきませんよね。



私も同業に身を置く立場なので 

一般社会でもそうであるように、

生きていくうえではどんなに嫌いな人とも

仲良くしなくてはいけないこともあるし、


言いたいことをグッと

我慢しなければいけないこともある。 


上司のご機嫌をとったり

取引先を接待したり、

といったことはありませんが、


それでもある程度、こんな仕事をしていると

「業界の意向に反する記事」はご法度。


発言などにはいろんな制約が伴います。

(医師会、薬学会、サプリ業界、食品業界など)


だから私は、

まあ本人がそれで満足してるなら

それでいいんじゃない?


という道を選んだんです。


楽ですからね。


みんなに同じようにニコニコ

接していれば、誰を気にするでもなく、

誰と仲たがいすることもなく、


誰かに嫌われて

嫌がらせをされることもなく、

楽しく自分の仕事が出来ます。


あなたが今やっている

ダイエット、美容法、化粧品などなど・・・


メーカーやショップの

店員さんが勧めているその方法

たとえそれがヤバイものだとしても。


しかし・・・。

冒頭でも言いましたが、
もう限界です。


いや、限界を超えて

もはや我慢ならない・・・


これ以上

黙って見過ごすわけにはいきません。


と、ここまで断言するのは何故か?


それは、私自身が10年前まで

著者の若返りサポーター Fumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。