高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その4:夏の始まり】

1 / 5 ページ

前編: 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その3:苦難】
後編: 高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】


さて怒涛の中学四年も、あっという間に終わりを迎えます。

まあ短かった、物理的に。

学校に入ってたったの2ヶ月です。そりゃ留年です。当たり前です。

なんせ私がこの2ヶ月まともにやった教科と言えば体育くらい。いやあバレーボール楽しかった。

通知表を埋め尽くす0を眺めながら、いっそのこと成績をつけるくれるなと思わず涙がちょちょ切れました。

留年して当たり前、そう覚悟はしていたのでいざ宣告されてもしょうがないと割り切ることは出来たのですが、しかし短い期間ながらも優しく接してきたクラスメイトと、やはり一緒に進学したいという気持ちも私の中にありました。

それにせっかく皆と仲良くなりかけてきたのに、また新しく一からスペイン語が分からないことを説明して、距離を縮めて、というプロセスを踏まなければいけないと思うと、億劫にもなるものです。

しかし3年前の沙季ちゃん、何も心配することなどありません。

なぜなら沙季ちゃんの他にも、クラスには大量に留年した子がいる。だから貴方は決して一人じゃないよ!一体どういうこっちゃです。皆まじめに勉強しろと声を高らかにして言いたい。

ということで、中学4年(第1回目)のエピソードは大部分を割愛しちゃいたいと思います。とっとと夏休み突入です。正直もう記憶があやふやすぎるというのが本音です。

 

スペイン語は2、3ヶ月で、日常会話が出来るほどには伸びていたと思います。

やはり日本語から隔離された環境に身を置くと覚えも早い早い。

クラスメイトやホストファミリーとひたすら喋ることによって言葉を学んでいきました。

みんなの読んで良かった!