卒業旅行で獰猛なトラがいるマレーシアのジャングルで腹をやられた件について

1 / 4 ページ


『水がない…』




2015年2月21日

僕は3人の先輩とマレーシアの熱帯雨林の真ん中でうなだれていた。





僕はジャングルで遭難した。




この話は僕が卒業旅行で先輩たちと野生動物を観察しに行った時の話である。


マレーシアのジャングルへ



事のきっかけは北海道テレビ放送の人気番組『水曜どうでしょう』にあった。


僕が卒業研究をしている時に大学院生の先輩に観るように勧められたのが人気俳優の大泉洋がマレーシアのジャングルに野生動物を観察しに行かされる放送回でした。


それを見た僕は、


『なんだこの面白い番組は!!!』


僕は水曜どうでしょうにどっぷりハマってしまい、ついには視聴することを勧めた先輩に

しょ~りん
先輩!卒業旅行でマレーシアのジャングルに行きましょう!
先輩W
お前が予約とか事前の手配してくれるなら良いよ。


僕がマレーシアに行きたいのには水曜どうでしょうのロケ地に行くこと以外にも


『日本では観察することの出来ない野生動物が見たい!!』


という確固たる目的があった。


僕は大学で生物の研究をしており、先輩が快諾してくれたのは同じように生物が好きな先輩だったからだ。



最終的にその卒業旅行には僕と3人の先輩の男4人でマレーシアのジャングルへ野生動物を見に行くことになった。



僕達が行ったのはマレーシアのタマンネガラ国立公園にある

『ブンブンクンバン』という野生動物観察小屋。



日本人が旅行でこの場所に来ることは殆どないらしい。



それもそうだ。



ここは野生の獰猛なトラやゾウが出る上に、険しいジャングルの中を10km以上も歩かなければたどり着くことができないからだ。



それを頭の中で理解していたが、実際に経験するのとではまた話は別だった。




僕達は完全にジャングルを舐めていた。






まさかあんなことが起こるなんて・・・。





ジャングルに向かう前日は国立公園近くのリゾートに宿泊。


次の日は朝早くにホテルの食事を済ませ、双眼鏡などの観察道具を詰めたザックを背負って準備は万端!


4人で10km先にある目的地ブンブンへ向けて出発した。




あれ?道がなくね?



ブンブン向けて出発をしてからはカニクイザルやリス、キレイな色をした昆虫などが出迎えてくれて野生生物の世界に魅了されていた。



『このまま楽しく生き物を観察しながら歩いていればすぐにブンブンに着いてしまうだろう』


そんな風に考えながら呑気に歩き続けているとある疑問が浮上した。




先輩W
なあ、この道あってるか?
しょ~りん
んー、なんか方向が違う気もします…
先輩K
ブンブンへ向かう道は地図に2つあったから、もう一つの方なんじゃないかな?
先輩S
一旦戻る?正規のルートと違うみたいだし。



地図を確認するとこちらの道でもブンブンには辿り着けることがわかったので僕達はこの道を歩き続けることにした。



今だからわかることだが、僕達は川沿いの昇り降りが激しい難路の方を進んでしまっていたのだ。



この選択が後々自分たちを苦しめることになるとは考えもしなかった…。


先輩W
…あれ?道なくね?
しょ~りん
確かに何もないですね…
先輩K
道が削れているように見えるけど…




それもそのはず。



僕らが旅行に来る直前マレーシアでは大雨が続き、過去10年で最悪の洪水被害が起きていたのだ。



不運なことに僕らが選んだ道は川沿いの難路だったため削られてしまい、歩きづらい上に道なのかどうかもわかりづらかった。




みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。