Macが壊れて学んだ回り道の意味

1 / 3 ページ

Macの電源がつかない―。


家でPCを立ち上げようとして、私は衝撃に襲われました。


つい先日起動しなくなって、修理に出したはずのMac。

引き取る時に電源ボタンが反応することを確認したはずのマイMac。


再びうんともすんとも言わなくなっていたのです。



自分でやれることはないので、最短でAppleのサポートサービスを予約して。


軽く仮眠を取った後(夜勤明け)、電車に揺られていざ銀座。

診断結果を待つこと数分、担当の方がこう教えてくれました。


「前回はTopcase(部品の名前)を交換すれば直ると診たようですが、実は他の部品に問題があるのかもしれません。」

「悪そうなところは全部変えてもらうように修理依頼を出します。」


何とまあとは思いましたけれど。

他に選択肢もないし、愛機を託して店を出ることにしました。


前回直らなかったからこそそれを見つけられたのかもしれない。

そんなことをボンヤリ考えながら。


ちなみに修理の費用は、なんとタダ!

修理直後に再発した問題だからと、その方が上に掛け合ってくれたのでした。

ありがとう店員さん。



さて一安心といきたいところですが、そうはならず。

私の目の前には次の問題が現れていました。


それすなわち、会社に提出する書類をどうするか―。


月末に出す勤務時間やら交通費申請やらの書類なのですが、PCがないのでその元データもないのです。


ここで補足。

当方会社から貸与されているPCなんてありません。

私物のPC・スマホで会社関係のあれこれをやっておる訳です。

それがセキュリティ的にどうなの、といった話はここでは置いておきます。


で。


みんなの読んで良かった!