占いを実行して、占いの意味を知る 【出会い】

1 / 14 ページ

後編: 占いを実行して、占いの意味を知る 【変化】



占い、と聞くとどんなイメージを抱くだろうか。

怪しい、胡散臭い、高額、何か石を売りつけられる、そう思う人が大半じゃないだろうか。

私もそこまでとはいかないが、占い師によっては当たりはずれもあるだろうな、と思っていた。私が思う占い師は、過去が見え、現在が見え、未来が少し見える、という感じで、今でいうスピリチュアルに近いものだった。それは占い師の力に大きく左右されるもので、占い師自身も自分の体調に左右される、とても不安定なものだと思っていた。

今日は見える、今日は見えない、とか。

だから、当たるも八卦当たらぬも八卦、なのだと。

「信じるか信じないかは、あなた次第です!」という娯楽なのだと。

 

そうではなかった。

まるで勘違いだった。

 

私は大学を卒業後、システムエンジニアとして6年務め、色々考えた上げく、整体師になった。多くの同僚は、そんな畑違いの仕事に何故、と首をかしげたが、私にはとても合っていたと思う。1対1で向き合って相手の不調を改善してあげられることは、仕事として、を通り越して、私にとても得難い出会いや経験を与えてくれた。

整体の道に進んで2年が経ち、もう少し施術の幅を広げようとタイ古式マッサージの学校に通うことにした。そこでは経験者であることを買われ、特急で授業が進み、2か月後には鎌倉の古民家を改装したお店の店長になることになった。

当時私は31歳が終わろうとしていた時で、会社員を辞めて整体師になったため実家に出戻っていたのだが、そろそろ独立した姿を親に見せて安心させてあげたかったのもあり、新しい職場に近い藤沢へと引っ越しを決めた。

忘れもしない2006年4月。

私は実家のある町田市から藤沢市へ移動した。

まさかこれが占いに出会うきっかけになるとは、思いもしなかった。

 

2年ほど勤めた整体院では、副院長という形で、1人でお店を任され、それでもお客さんは多く、お陰様で歩合給料でもこの業界では結構もらえていた方だった。それで自信を付けたのもある。異業種への転職すら、頑張ればなんとかなったのだ。お店が変わっても、それも整体院ではなくタイ古式マッサージのお店になっても、私はそれなりにやっていけるだろうと思っていた。

それが開店休業状態のお店であろうとも。

みんなの読んで良かった!