温活の9割はカラダを動かすこと

あなたは今" カラダ  "の具合いかかですか?

そう聞かれてらなんと答えますか?

少し前の私なら、一応健康です。

なんて答えていたと思います。

では今はどう答えるか?

絶好調です!なんて答えると思う。

実は8月の半ばから、鍛え始めました。

もちろん、カラダを鍛えたことは何度かありましたが、

専門のトレーナーをつけて行うのは初めて。

たぶんこんなに真剣なのは今までで初めて。

そしてこんなにハードなのも今回が初めて。

でもありがたいことに、続けて通ってます。

なぜ続けて通えるのか?

カラダの変化を実感しているから

というのがかなり大きい。

忘れもしない初日。終わった後カラダを

回復させるのにかなり時間がかかりました。

酸欠であり、カラダに酸素を行き渡らせるのを

優先させているせいか、頭というか脳が

痛いのではなく、苦しかったのを記憶している。

しかしその後変化は凄まじかった!

その運動の後の食事は抜群に美味しかった!

今までになかったぐらい美味しかった。

もちろん足はガクガクなので、

立ち食いをメインしたステーキのお店なのに、

数少ない椅子の席を、お金を払って座り食べたのだが、

その美味しさは格別でした。カラダ全体に血が行き渡る

ことで内臓も味覚もカラダすべてが活発に動き出したのでは?

と思える位美味しかった。

今までは食べれば食べるほど、カラダの贅肉になっていく

というイメージだったが、今は進化する筋肉やからだのために

エネルギーを補給するという感覚です。

お盆に実家に帰り、大学の時の仲間と会って会食をしたのだが、

いま本気でカラダ鍛え始めていることを話したら、

今更?なんて感じの顔をする仲間が殆どだった。

その時、まだトレーニングは一回しか受けていなかったにもかかわらず、

私が発した一言は

「みとけ!」

だった。彼らとは多分年末か年始に会うだろう。

その時彼らが驚く姿を想像すると嬉しくてたまらない。

そんな今日この頃です。

トレーニングは週一回30分!

週一回30分?

それだけ?と言われるかもしれないが、

そこでカラダを鍛えた日から3から4日は

筋肉痛なので、十分といえば十分ですね。

初めてから約1ヶ月半が過ぎた。

そしてどうなったか?

結果として体重は殆ど変わっていない。

しかしそれでも私は嬉しくて仕方がなかった。

それ以外の変化に驚くことが、たくさんあったからです。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。