後悔しない学生時代を送るために その1

私佐藤みきひろは先月、24歳になりました。

大学を卒業し、仕事についてから約1年半。毎日があっという間です。

学生時代の友達に会って昔話に花を咲かせていると、あの頃に戻ってもう一度学生をやり直したいなと思うことが良くあります。

もちろん楽しかったけど、やらずに後悔していることもたくさんです。

今学生の皆さんには、あの頃にああしておけばよかったと後悔してほしくないので、この話を書くことにしました。


まず思うのは、もっと勉強しておけばよかったということ。

これは学生の本業ですね。

僕は学生の頃、とりあえず目の前にあるテストを乗り切るためだけに勉強していました。

でも、それじゃああまり意味がないんですね。

学生の頃に習ったことって、大人になった今思わぬところで役立ったりするもんです。

学生のときは、こんなのやって意味あるの?なんて思うかもしれませんが、一生懸命勉強することって大事なんですよ。

周りの大人から「ちゃんと勉強しなさい!」と叱られることもあると思いますが、これは後悔している大人だからこそ言える言葉なんです。

社会に出てから勉強の大切に気づいたけど、もっと早く気づきたかったです。

大人になって後悔したくないなら、きちんと勉強しましょう!!

以上、佐藤みきひろの懺悔でした。。。

みんなの読んで良かった!