校内で噂の男子生徒が毎日「おなら」が止まらなかった話

1 / 3 ページ

学生時代が苦い思い出、などというのはよくある話だと思います。

僕の辛くて苦い、ちょっと例を見ない思い出をお話しさせていただきます。

僕は毎朝5時に起床し朝ごはんを食べ、7時半に家を出てバスと電車で一時間かけて学校に通っていました。

まだ入る部活も決まっておらず、あれにしようこれにしようと悩みましたが結局地味な美術部。これといって部活も楽しくなく、一週間としないうちに行かなくなってしまいました。


一緒に登校する友達がいなくても中学時代に比べたら、毎日いじめてくる人がいないというだけで充分幸せでした。

そんなある日校門の前を通りかかった時、知らない女子生徒が複数で

「ねぇ、あの人!あの人!」とこっちを指さして笑っていたのですが、その時は心当たりもなかったので気にもしませんでした。


その後2か月は本当にただ学校に行って、授業だけ受けて帰ってくる毎日でした。

でも僕にとっては充分に幸せでした。


高校最初の夏休みを迎えようという頃、文化祭の決め事でクラスは一段と盛り上がっていました。

僕は足が遅かったので、走る競技以外なら何でもと思いクラス委員に任せっきりでした。

そんな時、クラス委員の男子が突然「お前らいい加減にしろよ、俺に何でもかんでもやらせやがって。」と大声で言い放ち、咄嗟のことで僕は動揺してしまいすぐに謝りました。

「ごめん、僕が何にもしなかったから…」

そうすると「ああ、○○君のことじゃないよ大丈夫」と言われ最初はよくわからなかったのですが、どうやら仲良かった男子グループと喧嘩してただけだったようでした。

そんな状態でクラスの雰囲気は最悪な中、幸いにも夏休みに入りました。


部活には行かなかった身でしたが文化祭の準備のため、クラス委員の喧嘩のことも気になって夏休みも何日か行きました。

今まで僕に喋りかけて来る人なんていなかったですが、どうやら僕は上手いこと中立的な立場だったようで夏休みに入ってからは急にクラスメイトに喋りかけられるようになりました。

特に先ほどのクラス委員の男子は喧嘩で一人孤立していたらしく、その内プライベートでも遊ぶよう誘われたりするほど仲良くなりました。


僕も久しく友達という友達が出来たので、学校がより一層楽しくなっていきました。

ですが実はそのクラス委員が結構なヤンキー、勧められたのは喫煙だけでしたが。

元々胃腸が弱かった僕にとって、喫煙は非常に大きく影響しました。


一時はどうなることかと心配した文化祭でしたが、まぁまぁな結果で気分良く終われました。

ですがその帰り道、突然お腹が痛くなったり鳴りだしたりし出しました。

よくよく考えたら、もう1か月ほど通じが来ていません。

まぁ数日来ないことはよくあったし、大丈夫だろうと思っていました。


その翌週、文化祭の浮かれムードが漂っている授業中、突然違和感を感じました。

何だか多くの目線を感じるというか、僕の方を見てみんなが笑っているような雰囲気がしました。

何が原因なのか全くわからず戸惑っていると、席が後ろの男子が「…ぅぅっぇぇー」と小声で言っているのが聞こえました。

うっさい?と最初は思いましたが、よく聞くと「くっせぇー」と言っていました。

臭い?何が?。汗でも匂うのか?と思って持っていた整汗料を付けて、その日は帰りました。

ですがその日の夜、部屋でおならをすると信じられないような臭いが部屋中に充満しました。

あぁ…。これのことか、と。


おならなら我慢すれば出ないだろうと、思いましたが後ろの男子は相変わらず「ぅぅっぇ…」「くっぇぇ」などと言っていました。

みんなの読んで良かった!