#15 「生きるための創作」うつと共に生きていく、二十歳、“名前”

1 / 5 ページ

前編: #14 「生きるための創作」うつと共に生きていく、映画、“「初」と「一」”
後編: #16 「生きるための創作」うつと共に生きていく、映画2、“独り言?”


全編読み切り ラクガキ以上詩・小説未満

僕のstoryは他の方のと比べて少し異質なものかと思います

自己紹介等詳しい詳細につきましては[#1]の方にまとめてありますので

お気軽にどうぞ


一言

少し暗い話かもしれません

私事ですが、先日20歳になりました

「だから、何かを、、、」という事でもないんですが

今年、19storysを始めて数か月

「年をとるなんてことは生きてりゃ当たり前」なんですけど

僕にとってはすごく特別な出来事でして

生きることを何回も

年をとっていくことを何回もあきらめた自分が

今、現実問題として

ここに存在出来ているという事実

家族をはじめ読者の皆さまや色んな方に支えられ

こうやって好きなことが出来て

こうやって誰かに届けることが出来て

こうやって普通に呼吸していて

最近、よく言われていることかもしれませんけど

改めて、「当たり前」とか「普通」のもつしみじみとしたありがたみを

僕自身ひどく痛感しました

それと同時にまだやりたい事がたくさんあるんだということにも

気づきました

つい一年とちょっと前まで

「やりたい事がない、楽しくない、だから死に○○」なんて

毎日真顔で言ってたやつが、、、

驚きを通り越して笑っちゃいました

客観的にもそんだけつらかったんだなあって

こっちの方も色んな意味でしみじみ、、、

やりたい事については

一部、進行中の事柄もあったりするので

経過次第ですが追って詳しくお話し出来たらいいなと思っています

話を戻しますね

そんなこと言いながら今も10個近い薬を飲んで

相変わらず「うつ病患者」の域を出れない僕なんで

「もう、死に○〇なんて二度と言いません」

「元気な80歳を目指して生きていきます」なんて

今の僕には何の保証も出来ないことは言えません

そもそも、「死ぬ」とか「生きる」とかいう言葉がまだちょっと重すぎます

みんなの読んで良かった!