会社設立後の離婚、そして倒産危機からどうやって会社を軌道に乗せたのか?!

2 / 3 ページ

やり直しの交渉も叶わず

お互い会って離婚届を出す日が決まった

そんなある日



いつものように

死人のような精気のない中で

デスクに伏せて昼寝をしていたとき

こんな言葉が降りてきたんです。



“もったいない”

“もったいないよ~”


亡くなった母親の声だったのか

父親の声だったのか




ふと、伏せていた頭を上げ天井を見上げながら

もったいないよね

このまま人生が終わったらもったいないよね

そう思えたのです。


______________________


もったいない!

・・・

昔から人当たりがいいと言われ

デザインだって下積みから実績を上げてきて

新聞配達をしながらデザインの学校だって通い

母親や父親が学生時代に亡くなった後

祖父母に育てられて

今があるんじゃないか!



それで

離婚したからって

相手を恨んで

死んでしまっては・・・

もったいなさ過ぎるじゃないか!!!



今すべき事はなんだ?!

会社を復活させて

こんなどん底を超えた

いい男に生まれ変わることだ!

そう思えたのです。



いい男はさておいて

会社を復活するには

何をすべきか?!

考えました

調べました

既に起業している友人知人に会って

アイデアをたくさんもらいました。


そして、何でもない

シンプルなことを始めたことで

会社は軌道に乗りました。


____________________


会社を軌道に載せた

何でもないシンプルなこと

それは、

広告デザインを作り上げる力を必要とする会社と

繋がることです。



当たり前すぎますが

広告デザインの力を“必要”とする会社を

探すことです。


誰か仕事をくださいー!と言ったところで

仕事をもらえるはずもなく、

会社という会社に

電話するとか

作品や実績を送りつけても

既に解決策を得る取引先で

十分なところでは意味がありません。



広告デザインを作り上げる仕事を

既存取引先以外で

“外にお願いしたい”会社がどこか

そこがポイントとなります。



それが分かれば

流れが絶対に生まれるはず!

そこからいよいよアクションに移っていきました。


___________________


アクションとは

まずは広告デザインを扱う会社がどこかを探し

アプローチすることです。


それは

求人広告の

『広告営業、企画営業』募集のページにありました。



決して広告デザインのデザイナーを求めているところではなく

広告営業、企画営業を求めている

広告デザインが頻繁に動いている会社です。



先の広告デザイナーを求めているところは

技術的な下請けとなるデザイナー

言うことを聞いてくれる作業マンの求人

それでは自分は活かせないと思ったのです。



後者の広告営業、企画営業を求めている部署に

電話、メールをしていきました。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。