ボブ・ディランに学ぶ、アメリカ政治と音楽。

皮肉にも、

人がその様に、訴える時は周囲から煙たがられ、本当に必要になった時には、もう声が届かなかったりする。


「アメリカ音楽」と「政治」は、

切ってもきれない密な関係であり、

時にそのどちらかの力により、

討伐されることもある。


「パンク」こそ、その反骨的且つ、

反社会的なイメージが強いが、

いやいや、「フォーク」を忘れてはならない。


1960年〜1970年代は、ロックの黄金期とも呼ばれ、当時一世を風靡したアーティスト達は、「神」として崇められる存在だ。


では何故、それ程の熱が今もなお、冷めないのだろうか?それは、間違いなく彼らの背景に「社会」という二文字があるからだ。

ボブ・ディランもその一人であると考える。

当時、「公民権運動」や「ベトナム戦争」と平等や平和を訴えた若者達が、賛歌として崇めた『風に吹かれて』がそれを裏付けしている。


さて、時代は2016年。

アメリカはとても重要な決断を下す1年である。

残すところ僅か2ヶ月、

「大統領選挙」に終止符が打たれる。

民主党のヒラリー、共和党のトランプ。

アメリカ政治における、日本との違いに、音楽が深く関係している事も忘れてはならない。

民主党は古くより「フォーク」を好み、

共和党といえば「カントリー」だ。

トランプ氏がローリング・ストーンの楽曲をイベントで使用し抗議を受けた事も記憶に新しい。


ディランは今でこそ「オルタナティブ」なイメージがあるが、その全盛期は「フォークの象徴」であった。

アメリカでは今、「反トランプ政権」と称したソングリレーをアーティストが行う程、どうにか共和党を勝たすまいと、藁にもすがる思いで、あの手この手と人々の心に訴え続けている。


その最後の砦として、

ディランをノーベル文学賞に選び、再び人々に平和を訴えたのかも知れない。


さて、時は2016年。

ディランだったらどう歌うだろうか?

「その答えは、風に吹かれて、誰にも掴めない。」

のだ。


written by Nanako Imai

2016/10/18

著者の西海岸 にゃにゃこさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。