#16 「生きるための創作」うつと共に生きていく、映画2、“独り言?”

1 / 5 ページ

前編: #15 「生きるための創作」うつと共に生きていく、二十歳、“名前”
後編: #17 「生きるための創作」うつと共に生きていく、減薬、“えんじん”


全編読み切り ラクガキ以上詩・小説未満

僕のstoryは他の方のと比べて少し異質なものかと思います

自己紹介等詳しい詳細につきましては[#1]の方にまとめてありますので

お気軽にどうぞ


一言

直近の[#14]の記事で趣味の映画について

長々とお話しさせてもらったかなと思うんですけど

最近もまだ映画づいてまして

またお付き合いいただければと思います

というのも先週の土日は家で家族と

借りてきた映画ばっか観てました

前回「一人説」なるものを提唱しておきながらなんですけど

皆で観るのも悪くないですね 笑

実は今、とても観たい映画がありまして

残念ながら前回は書き切れなかったんですけど

その予習をしていたという訳です

映画の名前は「ジェイソン・ボーン」

いわゆる、スパイアクション大作で最新作は5作目

(厳密には4作目かな)

主演はマット・デイモンが務めており、彼の出世作でもあります

一作目の「ボーン・アイデンティティー」は2002年の映画になりますが

格闘シーンやカーアクション、独特の緊張感等

今見ても十分面白いです

僕の話に戻ると、父が大好きな映画でして

それこそ幼い頃から幾度となく見てきてはいたんですけど

よくは覚えていなくて

大きくなって初めて真剣に全作観ました

所々、シーンとして断片的に記憶とつながったり、、、

でも、新たな発見、感動の方が大きかったですね

来週あたり、予定がうまく合えば久しぶりに家族で映画館に

行ってこようと思います

まだ観たことのない方は是非、ボーンシリーズを観てみて下さい

想像の斜め上を行く展開の数々に

頭が覚醒して感動すること間違いないです!


簡単に説明を

題名にもあるように生きるため

に書き続けた「創作物」を皆さんに紹介することで

今、正に心のことで困っている人、

又はその周りの医者のような方々も含めた人達と

みんなの読んで良かった!