広告代理店に入って、それから。

1 / 3 ページ

広告って面白いそう!


そんなことを思い始めたのは、高校1年生のときだった。

当時本だけは無限に買うことを許されていた僕は、いつ見たか覚えてないCMがずっと頭の中にあった。

https://www.youtube.com/watch?v=It3MoqXXb0U



出会えなかったかもしれません。

たとえ千人いや一万人と出会ったとしても、

あなたという一人と出会えなかったかもしれません。

ま、数がどうとかではないんだけど。

それは何と呼べばいいんだろう。

あなたと出会えた、そのときの空気の匂いとか、そのとき聞こえた音楽とか

そういういろんなモノやコトに支えられたあなたと出会えたそのときだったりするので

そう、それは一冊の本に似ていると思う。

私の世界を変えたりできるから。

あなたを知る前には戻れないから。

出会えなかったかもしれないから。

千冊いや一万冊よんでも

出会えなかったかもしれないから。

ま、数がどうとかではないんだけど。

あなたのすきな一冊がわたしの好きな1冊になったりすること、

それは軽々しく言ってしまえば、それは奇跡です。

その瞬間をわたしは、軽々しくも奇跡と呼びたい。

ナツイチ 夏の一冊 集英社

そう!本ってそうなんだよ。

きっと一度読んだ本の内容はずっとは覚えていないけど、一瞬自分の人生に入り込んでくる。

そして、あたかも本の世界を自分が都合よく経験したことにさせてくれる。

自分の人生が何倍にも膨らんでいく感覚が当時あった。


このCMでは僕のそんな誰と話していいか分からない、

言葉にならない感覚を言葉にされたような気がした。


そして、そんなことを思いながらもCMって誰が作っているんだろう?

アーティストかな?なんか作家みたいな人がいるんだろうか。

当時京都の片田舎で暮らしていた僕には、情報を集める術がなかった。


そして、大学は建築学科に進んだ。

それもまた、ずっと意識していた将来の道だった。

大学に入って、建築にどっぷりつかり、

「◯◯の建築は新しいよね」、「あれってありなの?」など建築談義に花を咲かし、

徹夜で課題作業をし、ちょっとした実務の経験も積んだ。


本当に将来のことを考えたとき、どうしようか迷った。

広告は建築の世界に比べると、作ったものが一瞬の産物になってしまう。

比べ、建築は一度、地に根をはるとなかなか消えはしない。


どちらも、ツクルといった大きな意味では差はないのかもしれない。

当時は自分にとって、少しでも楽に苦しまなくていいように

考え方だけは大きくざっくりした考えをするように意識していたかもしれない。


今は念願のコピーライターという肩書きをもらって肩書きに恥じないように

奮闘する日々を過ごしている。



別に自分がポエミックなセンスがあるわけでもなく、バシッと言葉を決めれるわけでもないのに

コピーライターと名乗るこの業界。

みんなの読んで良かった!