早朝の新宿。路上で友達に生演奏をプレゼント。警察に注意され喧嘩。41歳の苦い思い出。「41STREET」

1 / 2 ページ

「みなさんは音楽を作ったことがありますか。

音楽の作品には一つ一つ物語があります。

今日もその物語をひもといていきましょう。


こんにちは。

マツイ ツミキです。

新潟県に住む41歳の小説家です。


東京都に住むミュージシャンDai-Go!Low

彼はトラックのドライバーをしながら、自分で曲を作り歌い販売をする44歳のミュージシャン。

彼はこれまでたくさんの曲を作ってきました。


今回、ご紹介する曲は「41STREET」

この曲はDai-Go!Lowさんのある経験から作られました。

時間は今から三年前にさかのぼります。

場所は早朝の新宿。

Dai-Go!Lowさんは新宿にお世話になっている人に会いに行きます。

仮にその方をBさんとしましょう。

翌朝。

Bさんに仕事が終わったホステスさんなどが利用する高級な料亭に連れていってもらい、うどんをおごってもらいます。

Dai-Go!Lowさんは感激してお礼に歌をプレゼントしようと公園に行きました。

周りにホームレスがいるなか地面が汚れているのでダンボールをひいて、それはおだやかな歌を歌っていたそうです。

しかし、ここでアクシデントが発生します。

警察官がここで歌を歌ってはいけないと注意したのです。

Dai-Go!Lowさんは素直に歌うことを辞めました。

しかし、それで終われば良かったのですが、

その警察官はさらに書類を書けとせまってきたそうです。

素直に歌うことを辞めたし、指示に従ったのだから書類を書く必要はないだろう。

とDai-Go!Lowさんは断ります。

警察官は書類を書けと引きません。

Dai-Go!Lowさんと大揉めになったそうです。


Dai-Go!Lowさんはその事件の三日後に曲を作りました。

それがこの「41STREET」です。

曲調は炎が燃えるかのような激しいもの。

歌詞はこの起きた出来事を淡々と伝えているようですが、

途中から突然

「いつまでこの街で生きて行くの。

未来を見ているから何とか生きてる。

素直な自分を隠して、このまま、もう少しだけ続けてみる」

とつづります。

人間はロボットでもコンピューターでもありません。

感情というものがあります。

みんなの読んで良かった!