「受験勉強」の意味

1 / 4 ページ

「受験勉強」の意味

 

 私は、塾講師だから塾生の方と保護者の方に自分の学力を示す義務がある。授業という商品は、見せて評価してもらいにくい。だから、講師の学歴や、指導した生徒の方の合格高校や合格大学を示すのは講師の義務だ。

 それで、名古屋大学を卒業して、アメリカに渡り、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格した。指導した塾生が、京大医学部、阪大医学部、名大医学部などに合格したと公表してある。

 すると、やっぱりというか

「何を威張ってんねん!」

 という反発がつきまとう。慣れたし、反発より義務の方が重いので無視している。また、そういう態度が気に入らないらしいが、どうでもいい。

 ある程度の年齢まできた人なら分かるはず。厳しい現実に向き合った人は、

「どうして、こうなtってしまったんだ?」

 と真剣に考える。そして、たいていは学生時代の所業にいきつく。私は長年受験指導に携わってきて分かるのだ。真剣に受験に向き合って、限られた時間を有効に使おうと真剣だった塾生の子たちは、みんなそれなりの仕事をしている。

 逆も、また同じだ。

 自分も、北勢中学校ではトップクラスだったのに、四日市高校ではイマイチ。名古屋大学では、さらにイマイチ。そのショックとトラウマがなければ、その後、英語や数学にそれほどこだわらなかった。

 楽しかったし、いい思いをさせてもらった。ユタ州、ローガン中学校での生活は夢のような生活だった。英検1級にチャレンジしていた頃も、京都大学を7回受けていた頃も楽しかった。

 今は、数学や物理、化学、フランス語、ネットなどいろいろ面白い生活をさせてもらっている。

 自分と同じような目標を持った塾生の指導をさせてもらっている。だから、自分の経験を伝えさせてもらっている。ハッピーだ。

 そういう子たちは、実証的だから話が通じやすい。自分の就きたい職業に就くには旧帝レベルの大学に行かねばならない。そのためには、入試で合格しないといけない。ならば、合格するノウハウを知っている人に教えてもらいたい。

 そう言うので、自分でチャレンジして合格して見せた。私はセンター試験を受けたことがない。京都大学を受けたこともなかった。英語講師だったので、今の高校生と同じ参考書や問題集を使って、同じ模試を受けて、一緒に本番の二次試験を受けた。

 現役の子は7回も受けることができない。オジサンだから、私には気の済むまで研究できるわけだ。そして、分かったノウハウを成績開示とともにネットで告知してみた。

 すると、北海道から九州まで通信生が英作文の添削を依頼してきてくれた。会わなくても、私がどういう思いで指導させてもらっているか、分かる子には分かるらしい。ありがたいことだ。

 

 ここに「京大の英語」という赤本がある。著者は大月照夫という方だ。私の知らない人だから、ググってみたら出てこない。たぶん、予備校の講師か大学の講師なのだろう。

みんなの読んで良かった!