息子の歯の矯正記録 歯胚不全からの歯科矯正 その3

次話: 息子の歯の矯正記録 歯胚不全からの矯正 その4

10月20日、私は出張中でした。


夫が半休を取って息子を矯正歯科へ。

Exemptだったら半休取る必要ないでしょ、というつっこみを入れそうになりましたが、放置。ここで夫が職場でがたがた言って首になったら、困るのは私、だ。

上の歯の矯正を始めてから、3ヶ月、やっと下の歯にも矯正器具を付けることに。どうして上下同時にしなかったのかは、いまだにナゾですが、おそらく、どうやったら歯胚不全の部分を埋めることができるのか、医師が相談なり研究していたものと思われる。

前にもここで書いた記憶がありますが、息子は他の子供よりも痛みには強いほうです。なので、つべこべ言わずにがんばって普通に生活していますが、やっぱり食べられないものとかもあって不便そう。私も矯正したので断片的に覚えていますが、うん、器具を締めた後数日はやわらかいものしか食べられなかった気がする。

今のところ、うーむ、歯胚不全のところは狭まっていないような印象です。まだ2週間だから、ま、結果が出る訳ないか。次は、11月17日です。


続きのストーリーはこちら!

息子の歯の矯正記録 歯胚不全からの矯正 その4

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。