大人になって知ったこと

私は決して裕福とは言えないが、生活には困っていない家庭に生まれました。

なにも考えず中高と時を経て、専門学校に入ることをかんがえました。

母はとてもワガママな人です。

専業主婦でありながら、昼間は開店と同時にパチンコ。ひどいときは夜まで過ごし、子供たちが立ち寄ってお金をもらい夕飯を作る時も…

我ながらスゴい親だなぁ…と思います。

そんな親なので、専門学校へ行くときも「お金がない」と反対されました。

何とかバイトで学費を捻出。無事に3年間卒業し、晴れて専門職となりました☆

頑張って行こー…というとき、給料から五万よこせという母。

私はその後1年で別の学校へ進学しました。

奨学金を頂き、働きながら必要な生活も維持して…

卒業したら、家を出ました。

もうここにはいられないと思いました。。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。