児童虐待のPTSDを克服した経験をあなたに

1 / 3 ページ

前編: 写真家 長谷川美祈さんの「児童虐待可視化プロジェクト取材・撮影」を受けました
後編:  文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

11月は児童虐待防止月間です。来年2017年の11月にはSTORYS.JPさんからご縁を頂きました写真家長谷川美祈さんの児童虐待可視化プロジェクトの写真展が予定されています。

改めまして記事を書いてみるようにアドバイスして下さった「もんまけんいちろうさん」と、このようなご縁を頂くきっかけを与えて下さったSTORYS.JPさんにお礼申し上げます。


今回は私の児童虐待の「PTSDの克服」についてお伝えします。

今現在も苦しまれているどなたかの回復のご参考になればと思っておます。


PTSDは「心的外傷後ストレス障害」と言います。

強烈なショック体験、強い精神的ストレスが心のダメージとなり時間が経過してもその体験に対する恐怖を感じます。

例えば自然災害、事故、事件、暴力、犯罪、虐待、いじめ、DV、ハラスメント被害などが原因となります。

PTSDを説明する時に欠かせないことは「フラッシュバック」です。

これは強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた際、後に突然その記憶を鮮明に思い出したり、夢に見たりする現象です。

PTSDの特徴的な症状の1つです。

記憶の蘇りは無意識に起こり、今まさに現実として目の前でその出来事が起きているような感覚になります。

更に寝ている時に両親に殺されかけたり、母親が自殺未遂をする「悪夢」も長い間見て来ましたが、先に上記の2つについてお伝えします。


私がPTSDになったのは2003年5月からです。

きっかけは、2002年に入籍し挙式をしないつもりでしたが、夫の実家側が気を遣い式場と日程を決めたのがこの時期でした。

入籍をする際、自分の両親に虐待を受けたことを夫の両親・兄弟とその配偶者の方に説明しました。それでも本当の意味で理解をして貰うのはとても難しいことでした。

逃れられない状態で予定が迫り来る内にフラッシュバックで毎日苦しむようになりました。

(※詳しい内容は、来年の児童虐待可視化プロジェクトでご説明するかも知れないので割愛します。)


O4年3月~05年8月まで通ったメンタルクリニックで

セラピスト(臨床心理士)との心理面接(広義のカウンセリング)の中で、それまで記憶の底に抑圧していた虐待の記憶を掘り起こし具体的な意味付けをしたことと、

クリニックの図書館で専門書を読む中で自分の人生に起きたことを客観的に知れたのが、1つの回復でした。

03年5月からフラッシュバックを経験し、酷く苦しい身体反応としてのPTSDの時期は05年の何月かまでだったと思います。

05年の後半辺りは「もうクリニックに通わなくてもいいかなぁ。でも図書館の本をもっと読みたい」と思っていて、

担当医に話すと「本を読み終わるまで好きなだけずっと通って良いよ。」と言ってくれました。

最後の方は本を読むのがメインで通っていました。


05年8月のクリニック卒業以降は、日常のふとした瞬間に過去の記憶が現実と重なるのですがPTSDのように身体的に苦しくなったり感情を揺さぶられるのではなく、

ふっと蘇り現実に記憶が重なって見えてまた静かに消えていくような感じでした。

その時は「今まで取り戻していなかった記憶を取り戻したのだから仕方ない。どちらも自分の本当の記憶だから…」と思っていました。

心情としては悲しい記憶が勝手に見えてしまうのは残念ですが、それは現実の自分を脅かすまでの脅威ではなく、そして紛れもなく自分の人生の一部だと自覚している感じです。

緩やかに虐待の記憶が時折自分の内側から浮上し、それが現実と重なるのをぼんやりと見ている感じです。

しかし2011年の3月11日に東日本大震災で地元が津波の被災地となることで、状況が変化して行きます。(後述します。)


このような状態が数年ずっと続きました。

クリニックで読んだ本の中でトラウマの克服、PTSDの克服と言う観点から1つ挙げるとイギリスの精神科医ディビット・マスの著書「トラウマ」本を1番読みました。

本の全部ではなく、トラウマの巻き戻し法を繰り返し読みました。

難しいと思いましたが、何としても克服したいと思いそのページのイメージを自分もできるようになるまで何度も読みました。


みんなの読んで良かった!