#19 「生きるための創作」うつと共に生きていく、採血、“言葉”

1 / 6 ページ

前編: #18 「生きるための創作」うつと共に生きていく、洗礼、“ミルククラウン”
後編: #20 「生きるための創作」うつと共に生きていく、心からの感謝を


全編読み切り ラクガキ以上詩・小説未満

僕のstoryは他の方のと比べて少し異質なものかと思います

自己紹介等詳しい詳細につきましては[#1]の方にまとめてありますので

お気軽にどうぞ


一言

以前[#16]の方でお話させていただいた通り

先週の土曜日に家族で「ジェイソン・ボーン」なる映画を

観に行ってきました

めまぐるしく展開されるストーリーに

スタイリッシュな格闘シーン、

壮絶なカーアクション、、、

期待を裏切らないすばらしい出来に大満足でした

そのお話はこんなところで。

久しぶりに診察に行ってきました

今回は僕の苦手な「採血」付き

特にこの病気と関わってから既に何回も事ある毎に行ってきたので

昔ほどでもないのですが

やはり相変わらず苦手です

針を刺す、又は抜く瞬間

勢いよく採血管に溜まっていく自分の血液

真っ赤な3,4本の採血管が機械の上で仲良く踊るさま、、、

一瞬の事ですし、見なきゃいい話なんですけど

やっぱり苦手です

一度採血をしたのに

情報の行き違いや血が思った以上に薄かったりで

追加の採決を行わなくちゃいけないとなると

絵に描いたようにひどく落ち込みます 笑

僕はあまりない方ですけど

静脈が細かったり、看護士さんが不慣れだったりで

その場で何度も刺したり抜いたり、なんて話を聞くと

想像しただけで恐ろしいですね

子供じゃないですけど単純に「すげーな」って

でもそんな世界とは極力無縁でいたいな

そんな事を思っていました


簡単に説明を

題名にもあるように生きるため

に書き続けた「創作物」を皆さんに紹介することで

今、正に心のことで困っている人、

又はその周りの医者のような方々も含めた人達と

みんなの読んで良かった!