結婚10年目ダンナが家出しましたが、11年目ラブラブです⑬


心は決まらないまま・・悩むというよりかは

心の整理がつかないまま、毎日は過ぎていくという感じ。

家の中の空気はピリピリしていて、ホッとする空間はないんだけど~

子ども達が安堵した様子は伺える。


帰っていた次の日かな・・

娘を迎えに行ったら、旦那さんがもう迎えに来ていて

びっくりした記憶があります。

 

子ども達に悪かったなぁ~という思いと

子どもと触れ合いたい思いがあったんだと思います。

 

そういう流れていく毎日なんですが・・・

私の心は怒りや悲しみでいっぱいで、自分の心の声が聞こえない訳です。

なので・・その時に、パワーストーンの師匠さんに愚痴などをのメールを頻繁にしていました。

私の気持ちを分かってくれるだろうと。そこできたのが

「もう、変わりなさいよ。いい加減にして!!

私はサンドバックじゃない。」

というメール。

グズグズ言っている私に、しゃんとしろと言いたかったんだと思うけど

しゃんとするためには・・

実は自分の中の感情を外に吐き出さないといけないのです。

感情は勝手に増幅します。

それを阻止するためには、自分の感情を抑制するのではなく・・表出しないといけないのです。

そうしないと心の奥底は見えてきません。

パワーストーンの師匠さんは私の意識をあげるために、そんな発言をしたんだと思うけど・・

師匠さんが欲しい発言をするためには、「私は大丈夫」とか「私はこうしたい」とか、そういうことを言ってほしいんだよね。

でも、私はできないのよ。

それを無理にさせるということは、感情に蓋をするということになるのです。

逆効果です。

 

その瞬間、私はもうパワストーンも、この関係の人たちとも関わるのはやめようと思いました。

パワーストーンを付けているということは、元からマイナスの世界にいるのです。

目の前にいる相手は、自分のマイナスの部分の共鳴しています。

それだったら、負の世界から抜け出すことはできないと思いました。

 

実母からは・・

「離婚するならしていい。

自分の人生を考えろ。考えて出した結果なら応援するから。」

と言われていました。

心が決まらないと動けないのです。

再三メールがくるけど、

「どうしていくことがいいのか分からない」

とメールを送っていました。

 

逆に、義母からは

「子ども達のために別れないで。」

と言われました。これには

「子どもための結婚生活はしたくない。

仲の悪い親を見て、子どもは幸せと思わない。」

と言いました。

私の両親も、義両親も、今でこそ、それなりに仲良くしていますが、若い頃は喧嘩が絶えず、暴力が絶えない中にいたのです。

だから、子どもで繋がっている夫婦にはなりたくないと思っていました。

多分、旦那さんも一緒だったと思う。

 

毎日が精いっぱいの日々。

一緒に生活していく中で少しずつ、

会話をするようになり、空気が変化していきました。



著者の武村 汐莉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。