3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その2

1 / 3 ページ

前編: 3.11!!元いじめられっ子による福島第一原発事故からの怒涛の脱出劇。その1



滞在先は東京都中央区にある住庄ほてるというところだった。

そこに僕は2011年6月1日から10月下旬くらいまで滞在させてもらった。

一時期住んでいた部屋は村上春樹のダンス・ダンス・ダンス

という小説に出てくるいるかホテルのような内装だった。

そのホテル?(というか旅館)には都心のど真ん中にありながら非常に立派な

大浴場がついていた。



こちらである。

2011年6月中旬くらいに福島第一原発で小さな爆発みたいなのが起こった。

僕はまた放射能漏れだと思い、不安になり京都や大阪を経由して福岡までバスで逃げた。

途中で寄った京都では清水寺や嵐山を観光した。

大阪のネットカフェに一泊、何日か福岡のネットカフェに滞在した後

新潟市内に借りていた曽野木団地の契約解除をしていなかったので

再度バスで大阪経由で新潟に向かい団地を契約解除をしたのちまたバスで東京に戻った。

2011年7月、ネットで知り合ったUさんという方に色々都内のナイトクラブに連れて行ってもらった。

渋谷のアクシスからはじまり、atom、キャメロット。

新木場にあるagehaまで幅広く行った。

2011年7月の終盤から8月の初めにかけて21歳にして

生まれて初めて海外旅行に行った。

行き先は中国の上海と蘇州だ。

利用した航空会社はANA。

たまたまネットでHISで海外旅行のツアーを見ていて

一人部屋込でも約5万円くらいだったので

以前から上海か香港に行ってみたいと思い3泊4日で行ってきた。

上海滞在中は豫園やら上海国際センターやらに行った。



残念ながら上海リニアには乗ってこなかった。

中国元は当時のレートで1元=11円だった。

なので250mlの缶が3元(33円)くらいで買え、

500mlのペットボトルも4元(44円)くらいで買えた。


2016年現在1元=17円だ。

安倍政権が設立されて以来円安傾向とはいえ

いかにアジアの経済成長が凄まじいか垣間見ることが出来る。

みんなの読んで良かった!