目指せ! オープンマイク・ミュージシャン!?

1 / 2 ページ

 

自分がバンド活動をしたいと思ったのは中1のとき。

動くビートルズを見て感激したのがきっかけ。

その夢を果たせたのがその7年後。

バンドをやりたくても諸般の事情でなかなかできず、くすぶっていた自分をあるバンドが拾ってくれた。


その後、そのバンドには16年間在籍するも、

結局、一身上の都合により、脱退。

このバンドでは、ライブハウス等への出場は無く、もっぱら、近所の盆踊り大会など、地域密着型の活動であった。また、その間、私個人のソロ活動も無かった。


脱退後、友人とギターデュオを結成するも、

ネットでの発表が中心。

私としては人前での演奏もやりたかったが、

友人にその気がなく、結局、このデュオでは、

人前での演奏は一回やっただけで、自然消滅。


そして、一人になった私は、生まれて初めてソロでの活動を行うこととなった。音楽活動を初めて20年以上たったというのに。


最初は全くの手探りだった。

まずは飛び入り演奏、いわゆるオープンマイクをやっているライブバーに通い、ちょこちょこと人前で演奏を始める。人前での演奏の緊張感は、何物にも変えがたい。


そこで知り合った人が出演している別のライブバーを知り、訪問してみる。そうやって間口を広げてみた。

その間は、オープンマイクでの演奏ばかりで、

自分の名前で出るいわゆるエントリー・ライブ(注)はほとんどなかった。


注:オープンマイクのような飛び入り参加型ではなく、事前にエントリーするライブ。

本格的なライブハウスでは、普通、チケットノルマがあるが、小規模のライブバーだと、チケットノルマが無いこともある。


そういう活動を続ける中、気に入った行きつけのライブバーもでき、そこで知り合った方々と新しいバンドも作った。バンドだと、エントリー・ライブへの出場機会もある。


私自身としては、当初はともかく人前で演奏できれば、それで十分だったが、活動がある程度軌道に乗ってくると、欲も出てくる。


しかし、何分にも素人ミュージシャン業界という狭い世界の中でのこと、自分の思うようにはならぬことも多い。


中には、基本はアマチュアなのに、自主制作CDを売り歩き、ライブをやれば、そこそこお客を集められる人もいる。

活動形態だけ見れば、プロと変わらない。

違うのは、活動に伴う収益だけである。


人と比較してはいけないが、

翻ってこの自分を見れば、

参加しているバンドはともかく、

少なくともソロでは集客力は無い。

これも、やむを得ぬ。

みんなの読んで良かった!