パン屋ボーイ ~三角巾にエプロンつけて男子がパンを売ていますがなにか~

1 / 6 ページ









「志望動機を聞かせてもらえますか?」




「パンが...好きだからです。」






この一言が全ての始まりだった。パン屋さんでのアルバイトを始めて気づけば半年が経つ。




ちなみに言っておくが、僕の仕事はサービスやレジなど、いわゆる売る方である。パンを製造する方ではない。




日々、女の子に囲まれて奥様方にパンを売っている。


女の子に囲まれて...






そう、この職場には男がいないのだ。







厳密には、製造に一人、サービスに一人男子がいるので計3人だが、

みんなの読んで良かった!