パンの耳をかじって生きてきたホームレス男が、半年で1億円稼いだキセキ

2 / 9 ページ

仕事も慣れてきて、

毎日、同じことの繰り返し、

彼女もいないので、

試しに、出会い系サイトを使ってみた。


すると、

見ず知らずの人妻から、



人妻
「お茶しませんか?」



と返信が来たので、



「僕の初めては、いけない関係!?!?」



と感じ、胸が高鳴ったのを覚えている(笑)


しかし、実際に会って話を聞くと、

なんと、MLM(ネットワークビジネス)の勧誘だった。


当時の僕は、職場の人間関係が上手くいかず、

仕事を辞め、解放されたいと思っていた。


会社に雇われず、自分の好きな仲間と、

一緒に仕事をしながら稼いでいく!


というライフスタイルが、僕の中でヒットして、

その場で、


「やりまーす!!」


と決意してしまった。


それから、自分の人生を良くする為に、

このネットワークビジネスに没頭するようになっていった。






【 さらに社会不適合者になっていく 】


半年もすると、ビジネス活動を優先しすぎて本業に集中できず、

ミスばかり起こすようになっていた。


その結果、わずか1ヶ月後には病院をクビになってしまった。


この時、僕は23歳で、

すでに2度も会社を辞めていた。


僕はそれから、派遣社員として働き始めた。


病院という狭い世界以外しか知らなかった僕は、

まともに仕事もできる訳でもなく

再就職できても一ヶ月で辞めたり、クビになったりを繰り返した。


わずか2年で6社もの会社を渡り歩き、

そして再び無職となった。





【 初めての恐怖 】


さらに、ネットワークビジネスの活動が僕を追い込んでいった。


組織にもよると思うが、僕のいた組織では、

・毎週のセミナーは強制参加

・自社製品を毎月13万円分強制購入

というノルマが課されていた。


初めは給料と貯金でやりくりしていたが、

職を転々とし、無職になった僕は貯金も底をついていた。


最終的にはクレジットカードで借金をしながら、

製品を購入して、なんとかやりくりをしていた。


その頃の僕は、ビジネスにだけ集中して活動を頑張っていたので、

遊ぶ事なんて、全くした記憶がない。


だが、その努力とは裏腹に

ネットワークビジネスを勧誘した友達は、理解されず、全員僕から離れていった。


そんな生活が2年ほど続き、

僕はいよいよ借金返済に行き詰まり、家賃を支払えない程、追い詰められてしまった。


人生で初めてお金がないという現実に、

寝れないほどの恐怖に襲われた。


どうにかしないと考え、

家にある家具、ゲーム等売れるものは全て売り飛ばして、なんとか家賃を払った。


これも全て自己投資だ、、、

そう思い込んで、全てを売っていった。




【 まさか、自分が騙される側になるとは、、、 】


2年間、僕なりに全力で頑張った。


しかし、ネットワークビジネスから得た収入は

2年間でたったの5,000円であった。


毎月13万円分の製品を、借金しながら購入していたので、

生活レベルはとても悲惨な状況となっていた。



この時の僕は本当にどうしたらいいのかわからず、

目の前が真っ暗なまま、毎日を過ごしていた。


ネットワークビジネスの紹介者に相談するも、

「私だったら借金してでも製品は買い続けるけどね」

と言われ突き放された。


それでも僕は、

紹介者である彼女を信じて付いて行ってしまった。

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の野中 悠麻さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。