パンの耳をかじって生きてきたホームレス男が、半年で1億円稼いだキセキ

4 / 9 ページ


時計もない




そして、、、

希望もない。



あるのは布団と、監視の声だけ。




自分は、本当に何をやってるんだろう、、、


何で生まれてきたんだろ、、、


何をやっても上手くいない、、、



逮捕された日は、

ホントに、自分の不甲斐なさと、

情けなさと、反省が、ぐるんぐるん駆け巡っていった。



もう死にたい、

けど死ぬの怖い、


やっぱ生きたい、

けど世の中怖い、、、。



ただ、不思議なほどに涙は出なかった。



警察から、親に連絡がいき、

親は福岡にいるため、名古屋に住んでいた兄が引受人として新幹線で来てくれた。


兄と会うのはこの時、実に5年ぶり!!


わざわざ、僕の身元引受の為だけに来てくれた兄に感謝と情けなさしかなく、

人生で、初めて、

兄の前で、悔し涙を流しました。


兄はそんな僕を引き取り、軽く話を聞いてくれた後、すぐに帰ると言い、

別れ際に、

「強くなれ!!!」


と言葉をくれた。


何からでも逃げてきたが

結局、死ぬ度胸さえないと気付いた。


なら、

強くなり、世の中に立ち向かうしかないと感じた。


この日から僕は、

自分の人生が不幸だと思うことを辞め、

自分の運命に抗うと決意した。





【 失敗を活かせない男 】


釈放されたから2週間、

久しぶりに外に出てみると、すでに落ち葉が散るような季節になっていた。


その頃、

当時流行っていたSNSで、またも、とあるビジネスマンと出会った。


その人は、ネットワークビジネスの勧誘かと思ったら、

独立支援塾をしていると話していた。


20代で、億を稼いだ人から教わっていると聞き、


紹介してくれるというのだけれども、

同じ過ちを犯すまいと思い、断った(笑)


だが、その人は、しつこく何度も押してくる。


またも押しに弱い僕は、

まあ、会うだけならと承諾してしまった。


当日になり、実際に紹介してくれた方にお会いすると、

イカついヤクザみたいな風格の人が、

アクセサリーじゃらじゃら付けて登場した。


僕にとっては、はじめて会うタイプのビジネスマンで、内心ビビっていた。


しかし、確かに今まで会った人の中では、

目つき、顔つき、オーラが全く違う!!

と思った僕は、

この人から学べば人間的にも強くなれると思い、

組織に入る事を決意した。


そして、入学金として100万円を現金で支払った。


「お金がない!」

という理由で、諦めたくなかった。


この時、すでに300万円の借金があったが、

さらに消費者金融6件周り、100万円を工面した。


この組織がどんな活動をしているかという説明は、

入会してからしか、教えてもらえないという。


今思えばかなり怪しいが、よく信じたなと自分でも思った。

とことん自分は押しに弱いのだろう。





【 転落、『再び』 】


実際に100万円を払い、活動内容を聞いてみると、

独立したい人を集めて教育、

その費用に100万円払ってもらい、それが収入になるという、

仕組みとしてはネットワークビジネスと同じやり方だった。


合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の野中 悠麻さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。