出来すぎた私

私は、小学校に上がる少し前まで歩けなかったり25歳頃から一生注射を打ちながら食事の病気になったりしてました

上に姉と兄が居て早くに結婚をしたので私が家のことをしてました今もそうですが、私が居ることにより両親は働けるといつも言ってるのですが、それが本心なのか私にはわかりません

理由は2つあります

私の父親は、本人は無意識なのか分かりませんが私宛に来た荷物とか手紙を私に渡す時に

私に直接渡しに来ればいいのにそれをしないで母親も居る前で手紙来てたけどこの方知り合いかを

一々確認してきます電話かかってきた時にしてもそうなのですが

私はその父親の言動をいつも我慢してます

上の二人は私より出来が良いから好きに出来てたのが羨ましくて思います

私は上の二人のように働きたいでも専門を若い時に辞めてしまったので資格を持ってないと思い

私は2015年頃から少しずつ毎日自分がしたい事を探して生きてます

2014年頃からずっと息詰まってて私はどうしたら良いのか分からないで居ました。

その当時遣ってた朝ドラで毎日のように主人公が人生は冒険と旅行というので私は若い時に取れなかった資格を取りたいと家族に言いました。

そしたら検定料金は出すよって昔のように言ってくれるようになりました。

いつかは検定資格を取って更に上を目指していきたいと思うようになりました






著者の三吉 枝梨子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。