とりあえず パニック障害になるまで(last)

  

1月18日 妻は他界した

葬儀を終え 妻の残したノートを見たとき 死に行く人の思い残した事柄は辛くある

2週間休んだ

それでも 銀行やら郵便局やら 色々残してしまった 男なんてそんなもんです

会社に出社し あいさつ回りをし 貯まった仕事のかたずけに入る

 男親と2人の息子の生活は辛い

 海外出張の時は 母や義姉に泊まり込みで来てもらっていた

台湾に残した彼女に来てもらえるように 近所にアパートを借りた

 彼女が家に泊まるのを嫌がったためだ

 子供との関係はすぐに打ち解けていたが さすがに手話は手こずっていた

 それと彼女のVISAの問題があった 

NO-VISAで2か月を2回子行ったときにイミグレに警告を出されたのだった

 結果は婚姻するしか方法はないことを言い渡された

 一度彼女を台湾に返し 婚姻の手続き これがまためんどくさくて 何度東京を往復したか

 8月正式に婚姻を日本と台湾で行った パーティーのみで簡略化させてもらった

 この時も休暇で台湾に居る時も仕事が入った どこまで人使いが荒いか

 なまじメールを見ていたのが悪かったのだが

 9月 台湾に出張があった

 その時 鞄をなくしてしまった タクシーに置き忘れたのだった

 鞄には財布、パスポート、携帯、PC等

 いろんな手続きをして 交流協会(ほかの国では領事館)で帰国のための手続きを行ったとき

 手が震えて名前が書けない

 帰国して 会社に行こうとしたが 駐車場までは行ける 車から降りられない

 顔面神経痛 そこらじゅうが何時もピクピクしている

 手が以上に汗をかき 手足が震える 箸も持てない コップも持てない状況だった

 医者に行くとパニック障害の診断

 結局 仕事のストレス+ワイフロス

 妻が死んでから忙しくしていたからその時は躁状態だったんだ

 鬱は気分だけの問題じゃない 体にも顕著に出る

 顔面ぴくぴく 手足の汗や震え 色々と出てくる

 皆さんも起きお付けあれ


著者のXinyi Dingさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。