明日は今日の風が吹く。01

次話: 明日は今日の風が吹く。02

まだまだ義務教育も済んでいないあの頃。

ついさっき家に戻ると

置き手紙と現金3000円ぽっきり。

母親が男と出て行ったみたい。

まだ子供が市営住宅にひとり

市の職員が来たら、施設入りだろうな…。

明後日には食べるものもないやろな。

学校も行かれへんようになる?

生きていけるんかやろか⁈

まだ子供の俺の頭にはスペックオーバーで

不安をとりあえず無理やり消して

テレビを見ていたのを覚えてる。

お昼12時のアルタ前が映る。

今からあそこに行こうと決心した。

もう誰もいない

怖いものもない

いつか行きたいと思っていた街。

明日は明日の風が吹くだろうし

午前4時半頃。

夜行バスの窓、カーテンを少し開けると

遠くに見えた高層ビル群

手に届かなかった憧れの街も、もう間も無く手に届く。

この街はどんな夢でも叶うと聞いたが

この街は何もかも食い潰されるとも聞いた

あの朝東京に着いてから20年間。

空を見上げてた笑顔の夜と、床を見つめた絶望の夜。

あの頃ひとつひとつを告白してみようと思う。今まで一度もこの心から出した事がなかった、誰にも言えなかった過去。

朝までに話し終えれるかなぁ…

今晩、そこで聞いてくれるなら話すよ。

続きのストーリーはこちら!

明日は今日の風が吹く。02

著者のAc Kitaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。