December

はや12月になってしまった。

宇佐美の秋は色づく紅葉や銀杏の木があまりないのか、紅葉の風景が望めない。

一日一日と寒い朝を迎える。

そんなある日、家の入り口にある大きな桜の木が道路にはみ出しているため、枝を切り落としてくれるというので、家に居ては邪魔になるから朝からレイジーを連れてドライブに出た。大仁の山を越えて、修善寺を抜けて、伊東の先にある松川湖まで行ってみた。なんとそこには色ずく秋満開の紅葉の景色が、美しい冴えわたった青空にまるで絵のように色鮮やかに輝いていた。初めて訪れてみたが、休日なのにほとんど人がいない。穏やかな日差しの中を犬とゆっくり、湖を一回り、ハイキングを楽しんだ。ここから伊豆高原方面にかけては、もう桜も咲いている。10月桜というらしい。冬が始まると、少し先の河津桜も訪れる人で賑わうのだろう。咲き始める花々が季節を知らせてくれる。庭先のつわぶきの黄色い花も、もう咲き始めた水仙も、じっと見ていると思わず声をかけたくなる様な気にもなる。

我が家の小さな畑では、小松菜と春菊がよく育っている。ブロッコリは葉っぱを虫に食われて、今だに顔を出さない。もうだめかな。。。

先月、大仁の野菜市場から、渋柿をいっぱい買ってきて、干し柿を作ってみた。軒先につるしていたらご近所の方々が、声をかけてくる。良くできたら、お裾分けしますね。と言った以上、出来具合を朝晩、いや、しょっちゅう気にかけて見ている。(これは私が気にかけている以上に、どうも、ご近所のおばあちゃんたちが気にかけている)

そんな長閑な一日が通り過ぎて、間もなくこの地に越して来て、1年を迎えようとしている。

著者の杉澤 三穂さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。