長野の魅力(ニジマス・ワカサギ釣り)

すっかり冬らしくなりました。雪も偶にチラホラと降るような天候になり長野もすっかりと冬らしくなりました。長野は冬になると寒さが厳しくなる為、釣りを行う事を躊躇ってしまいます。ですが冬こそ魚たちは活発に動く季節でもあります。その為、厳しい寒さに耐えながら冬場の釣りはそれなりに良い結果へ結びついて釣りが一番楽しい時期でもあります。

今日は冬での長野でおこなう釣りの魅了について等々力好泰が記載していこうと思います。

ワカサギはほぼ長野全域で釣れる魚ですが、冬のワカサギ釣りと言えば氷上で釣り上げるのが格別です。普段より荷物が多くなりますがポイントを掴めば沢山釣れますので是非オススメです。目をあまり離せませんが子供達を連れて行うと良い思い出になります。

氷上でのワカサギ釣りで必要な物は穴あけ電動ドリルやシャベル(穴を掘った時に浮かぶ氷をどかす為)、イスと足を置ける発泡スチロールがあると楽に待ちながら釣りを楽しめます。必ず軍手は厚手で複数枚用意する事も忘れずに準備して下さい。軍手が濡れたら即交換です。またワカサギ釣りは専用の竿になるのも注意です。もし揃わなくてもほとんどの場所でレンタルができるので安心して下さい。松原湖や立岩湖、霊仙寺湖が有名な表情の釣り場になります。場所によって釣りが可能な時期はもちろん営業する時間も違うので事前に調べていく事をおススメします。


長野では有名なニジマス釣りが有ります。ほとんどがキャッチアンドリリースになります。釣れたら直ぐに川に戻す事がルールになります。ニジマスは川にもよりますが犀川ではどの時期でも釣れることが多いのですが、やはり秋から冬にかけて活発に活動をする時期です。意外に初心者の方でも冬でしたら大物のニジマスが釣れたりします。ここから釣りが好きになるきっかけや上達する人が多いので是非犀川での釣りをおススメします。おかっぱりでも十分寒いので防寒具は必ず忘れない事。また釣れたらメチャクチャ暴れてきますので釣れた後の対処法もここで慣れておきましょう。そっと釣竿からとってあげる事や写真等を撮影したら直ぐに放してあげる事が大切です。


長野では釣り初心者でも十分に満喫が出来て色んな経験が身に付くのでオススメです。また色んな人が釣りをしておりますがキチンとルールを守り釣りを楽しんで頂くことが、長野だけではなく釣りを行う為の基本ルールです。このルールを守れない方が今でも一部の方が存在するのが現状です。キチンとルール把握をして楽しむ事が一番のルールです。



著者の等々力 好泰さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。