曲がった左手の親指 完結

1 / 3 ページ

前編: 曲がった左手の親指 その4

後悔しない為に

自分の気持ちを誤魔化せない事に、ハッキリと気付いてからの、

会社を辞めて、新しいしい仕事(生き方)を目指そう、という方向

への行動は早かった。


11月の怪我から退職申し出の2月末までの、数ヶ月で次の仕事を

決めた。目指す先に必要な経験を積む為に、失敗する事を含めて、

避けてはいけない道として、その仕事を選んだ。無謀な選択。

それまでの30年以上のサラリーマン的な生き方からの方向転換は、

周囲から見て理解に苦しむ決断、として映った。

安定した収入を捨てて、どうなるか分からない生き方を選択する男。


フェイスブックでよく目にする、"自由な生き方を実践、幸せ実感"

みたいな若い世代から見れば、何と遅々とした行動なんだろう、

そう映るものかも知れない。

でも、家族を養う立場、息子の大学費用や住宅ローンもある中で、

安定を捨て未知の分野に挑戦する、自分勝手な生き方を選択する。

これは若い独身の方々には言い訳に聞こえるかも知れないけど、

この行動を選択する事は、家族や周囲の方々に対する"責任放棄"

を選択する事になりかねない。

同時に以前にも増して、今後に起こる事象に対して自分で全ての

責任を負う事の覚悟を持つ、という決断。

30年の重みを捨てる事は、そう簡単にはいかない。

だから今まで続けていた、そしてそれなりに安定していた


でも、今回は決断して行動した。

自分の人生を肯定して生きて行く事が、結果として家族も周囲も

幸せに出来る人間になる為には必要。

周囲に責任転換しない強さを身につける事、自分自身の価値向上が、

結果として大切な家族を守る事に繋がる。


準備は既にしていた

とはいえ、何の展望もなく動いた訳でない事は言っておく。

働きながら独学で勉強して、33歳の時に行政書士試験に合格し、

さらに社会保険労務士の勉強…結局合格せず今に至る…もした。

おかげで50歳でファイナンシャルプランナー(AFP)取得出来た。

一般の人よりは法律関係、社会保障関係、労働関係についての

知識は身につけていた。そして失敗もあったけど管理職経験で

労務管理についても勉強と実践経験もしてきた。

経済関係の知識も身につけた。まだまだ未熟であるが、、。

だから、今の仕事に就けた。未経験者であったけど。


子供が産まれる頃から、自分なりに将来への展望からリスクを

みんなの読んで良かった!