いじめ、不登校、発達障害の発覚!その時親子は?

1 / 3 ページ


おばあちゃん、今日は楽しかったよ。ひ孫の顔を見るまでは長生きしてくれよ!
祖母
そんな優しいこと言ってくれるのは、お前だけだよ!ありがとうね

家族で行った実家への年始の挨拶。帰り際に、実家の玄関で気むずかしい私の母に長男の翔が掛けた言葉は、私を驚かせた。

いつの間にこんな気遣いのある言葉を言えるようになって居たんだろう・・・

母に対してクールに接している私は新年早々子どもから学習させられる思いだった。

親に対しては、反抗期ながらも穏やかな高校生の息子・・・とは言えこれまでの様々な紆余曲折は、母たる私にとって挫折と葛藤の日々、そして翔にとっての七転び八起きのジェットコースター人生だった。


私事で恐縮ですが、今いじめや不登校に悩まれている方も、こんな親子もいるのだと励みにしていただけたら幸いです。


生まれてからの日々

赤ちゃんの時から育てにくい子だった。おっぱいを飲むのが下手でアレルギーがあり、そのため私は授乳中食事制限をして翔のアトピーと闘った。おっぱいには食べたものの成分がダイレクトに出てしまう。そのため動物性タンパクと甘いものは御法度!!たまに、甘味の誘惑に負けてこっそりまんじゅうを半分だけ食べてしまうと、その後の授乳で翔は湿疹で真っ赤になった。私の食生活を見た実の母親に

祖母
私には出来ない!自分を犠牲にする子育てなんて!

と言わしめた。

夜泣きもした・・・でも、何故泣くのかわからない、寝不足の日々。飲み下手で、おっぱいを与えても直ぐにフミフミと泣き出した。そんな息子のためにおっぱいは出しっ放し・・・うたた寝なんかしてしまった日には、宅急便が来ると大慌て・・・

ピンポーン

はーい、少し待って下さい!!


寝癖でくしゃくしゃの髪をとかし、ブラジャーを着け、まくし上げていたシャツを整え出ようとすると、翔が泣き始める・・・玄関が一階、生活スペースが二階の我が家で、翔を抱き上げて、抱えながら階段を駆け下り宅急便を受け取る。いつも眠くてだるかった。一番かわいい盛りだったのに、私にはその事を楽しむ肉体的余裕はなかった。

辛くて、夜中泣きながら夫に

もう無理!この子捨ててきて!!眠りたい!!!

そう言って夫を困らせて事もあった。軽い育児ノイローゼだったかな・・・


幼稚園は登園拒否!!泣いて、泣いて、無理に背負って連れて行こうとするとのけぞっていやがった!主人が背中に負ぶって、暴れる翔の背中を私が押さえつけて二人がかりで幼稚園に行くと、今度は園長先生が夫の背中にしがみついて離れない息子を引きはがす、そして園長室に連れて行かれる。泣きわめく息子!!数ヶ月はその状態が続いた。

次男が生まれる頃ようやく翔のアレルギーも治まり、幼稚園生活にも慣れてきた。ほっと一息つきつつも、いつも気がかりなのは、どうも集団をいやがる息子。お友達を呼んで複数人で遊んでいると、始めは仲良く遊んでいても、いつの間にか翔だけが一人ぽつんとみんなと違う事をしていた。

翔くん、みんなと遊ばないの?

そう聞いても、何も答えない息子だった。

小学校に入る頃夫が、そんな翔のためにと自分も好きだった少年野球のチームに入れた。そして、自分もコーチとして野球に拘わった。週末は家族で野球、3つ下の弟も後を追うように小学校入学と同時に野球を始めさせた。

このまま順調にいくと思われた矢先、事件が起きる。


意外ないじめの始まり方、そして不登校へ

翔、小学校4年生、野球のママ友と子ども連れの飲み会が定期的にあった。親は美味しいモノをつまみに飲んで歓談、子どもたちは仲良く遊んでいた。楽しい日々はこのまま続くと思っていた矢先、翔が行くのをぐずるようになる。この時点で私はまだ、翔の心の傷に気付いていなかった。

翔が、集まりをいやがるようになった訳は、直ぐにはっきりした。

ある日、野球の練習の休み時間、翔の仲良し友達3人が水飲み場でたむろしていた。

その日お茶当番で子どもたちの練習に付き添っていた私は、子どもたちが飲んだお茶のカップを洗おうと水飲み場行くと、2人の少年が私の存在に気付いた。彼らはいつも子ずれ飲み会をしているママ友の息子達だ。しかし、一人は私に背を向けていたため私の存在に気づかなかった。

背を向けていた少年が言った、

少年A
やっぱ翔って、なんかうざいしむかつくよな
えっ?!


私は耳を疑った・・・家の息子の名を少年Aははっきりと言ったのだ!!

すると、そこで私の存在に気付いている仲の良いはずの少年BとCが言葉を発した。

少年B
えー、そうかな~
少年C
そうだよ、あいつだって良いとこあるし

やっぱり仲の良いお友達は、違うわ!!

みんなの読んで良かった!