ポジティブ人間の作り方

自分の性格を変えることは、とても難しいことです。いきなりポジティブにはなれませんよね。
これまでの思考を変えるのは大変ですが、言葉を変えることなら誰にでもできます。


例えば、朝起きたとき。


「眠いな~、起きるのやだな~。」

なんて考えていると、起きる気力もなくなるし、布団から出るのが嫌になってしまいますよね。


「今日は天気がいい!1日頑張るぞ!」

と思えば、眠いと思っていても、なんだかシャキッと起きれる気がします。気合も入りますよね!


ネガティブな言葉ばかりを使って生活すると、どんどん気持ちもネガティブになっていきます。ポジティブな言葉を使えば、そう思っていなくてもなんだか元気が出てきます。


言葉の持つ力は大きいです。


エレベーターでドアを押さえてもらったときや、電車で席を譲ってもらった時、「すいません」と言っていませんか?


つい「すいません」と言ってしまいがちですが、これを「ありがとう」に変えるだけで、ポジティブな言葉になります。それに、「ありがとう」のほうが言われたほうも嬉しいです。


自然とポジティブな言葉が使えるようになるには時間がかかりますが、使っているといつの間にかポジティブな人間になれます。


まずは、言葉を意識して使うようにしましょう。

そうすれば、いつの間にかポジティブ人間が出来上がるのです!



著者の大塚 和成さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。