国際結婚・同居<住んだら地獄>7

前話: 国際結婚・同居<住んだら地獄>6
次話: 国際結婚・同居<住んだら地獄>結論

英語学校で仲良くなった中国人に助けられる。

彼女の家で1カ月住まわせてもらうこととなる。

夫が顧客の依頼の電話をしつこくしてくれたおかげで、日本人の友達全て失ったので頼る人がいなくなった。(のちに ねこむらは悪くないって一人だけ友達でいてくれた)


 家を追い出されてから2週間後くらいに夫から電話があり話がしたいということだつた。母から毎日ねこむらを追い出すようにいわれつづけていたんだよ。などと言い出した。

オマエが心を入れ替えて、子供の世話と家のことと仕事をすれば家に帰らせてやってもいい。
少しだけドアは空いている。
ねこむら
心を入れ替える意味が解らん、散々人をこき使っておいて500ドルの生活費まで支払わせておいてよく言うよね。義理の父を施設送りにしたら人を追い出してさ、何様なのあんたのお母さん。
前から言っているけど アンタのお母さん頭いかれているわ。
掃除は僕と子供がしていて、ご飯は母が作っている
美味しくないから戻ってきてもいいよ。
ねこむら
それって単にただの家政婦が欲しいだけでしょ?
そして支払いまでせなあかんなんて意味が解らん。私のメリットがまるでない。
日本語訳すると、
何言っているだこの糞野郎、母強姦男め、目の前から消えろこの豚野郎。

分かったお前の答え。もう家に来るな
ねこむら
誰が行くが 汚い豚小屋なんかにさ。

こんなことを大声でやり取りしたので 周りから警察呼ぶか?とまでささやかれた。

中国人の家に戻り、

そこで吹っ切れたので、その後の行動は早かった。今 同じことができるかと言ったら出来んね。



続きのストーリーはこちら!

国際結婚・同居<住んだら地獄>結論

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。