24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。前編

1 / 23 ページ

後編: 24歳ニートの僕が、謎にインドネシアに行って社長になるまでの話。後編



僕の周りに、夢を叶えている大人なんていなかった。

就職して、やりたくもない仕事をして、愚痴を肴に酒を飲み、

理想や夢を語る人を「現実が見えていない」と見下すような大人ばっかりだった。


そんな大人をかっこ悪いと思っていたし、あんなふうにはなりたくないと思っていた。



そう思っているだけで、何の行動も起こさない自分もダサかったのだけど、その頃はまだ、自分を客観視できるほど大人じゃなかった。




このストーリーは、何のとりえもない、ごく普通の学生が社会人になり、サラリーマンを辞め、インドネシアで起業し、ニートになって、また再スタートを切り、経営者になるまでのお話しです。



■お金は無いけど時間は贅沢につかえた。卒業も危ないどこにでも居る「中の上」の学生時代


勉強もスポーツもそこそこできる中学生だった。

なにかに夢中になることは無かったけれど、それなりに何でも楽しんでいた。

「中の上くらい」という表現がぴったりな中学時代は「高校受験の失敗」で幕を閉じることとなる。



頭が良い高校に入るとそのあとが大変だから、

普通レベルの高校に入って、楽して良い成績をとって、

適当に弱小サッカー部にでも入って、たいして練習もせずレギュラーになって、それなりに楽しもう。


そんなことを考えていたら、見事に不合格になってしまったのだ。



結局僕は、電車と自転車で1時間くらいかかる私立高校に入学し、

ヨレヨレスーツを着て疲れ切った顔をしているおっさんと、

満員電車で席取り合戦のデッドヒートを繰り広げることとなった。


勝率は半々。


そんな戦いを3年間続け、卒業が間近に迫っていたある日、

「僕はもうこの電車に乗らなくなるけど、この人はいつまでこんな戦いを続けるんだろうか。」と、ふとそんなことを思った。


多分、会社を辞めない限り、おっさんはこんな毎日をずっと続けていくのだろう。



みんなの読んで良かった!