娘の出産までの話 7

義母に病院に向かうと行って出かける前、旦那の誕生日の祝いにと日にち指定しておいたお肉が届き、冷凍庫に入れて出かけた。

楽天のポイントかかなり貯まっていてA5ランクのお肉をポイントだけで購入したものである。


電車に乗り、バス停で病院に行くバスを待っていた時の事。

陣痛?でうずくまり、バスを待っていた他の方が交番に私の事を話してくれたらしく、人の肩借りながらバスに乗っる。

バスの中での記憶はない。

バスが病院についた時、すぐストレッチャーで運ばれた。 


病院について寝ていたら陣痛が治まり、翌日誘発剤使って出産させるからとの判断だったので、旦那に連絡して入院セットを持って来てもらう。

陣痛は治まるも悪阻が酷い。

夕飯が食べれない。

体は暇だったのでmixiみたり、本読んだりしていた。

その日は殆ど寝れなかった。


次の日、あんまり連絡しかくなかったが一応自分の母親に電話をする。


「予定日より10日早いが誘発で今日出産するから。」


母親

「へ〜」

「それよりさぁ、パン作るのにイーストでなくベーキングパウダーだと駄目なの?」



「今そんな話普通する?ふざけるな!」

かなりの憤りを感じ、怒鳴って電話を切ってその場で倒れ込む。


こんな時でも人の事馬鹿にするんだ、この人は…

子供の頃から母親苦手ですが、旦那に連絡して「出産して見舞いにうちに親来たいと言っても会いたくないし、こさせないで」と言う。

退院まで、連絡全くありませんでしたけどね。

 

分娩室行く前に検診、その時破水。

病院の中で助かりました。


分娩室に行き、誘発剤を打つ。

ラベンダーの香りの足浴をしました。

ラベンダーは出産の誘発をしてくれる効果があるそうですね。


すぐ本陣痛が始まり、苦しくなった時に旦那が立会いに来た。

そして「ありがとうね」と、出産のことか?と思ったら…


「届いていたお肉、美味しくいただきました」


「1人誕生日祝いで、自分におめでとうしちゃった〜」


何で!!

出産するのにありがとうじゃないのか!!

陣痛で痛みが強いのと怒りで出産に集中できなく一度病室に戻り、食事をしようとしていた時です。

何かに体を乗っ取られる感覚がして、すぐ分娩台へ。 

経過が早い。

13分で出産。

「1人で美味しい肉堪能するな」と叫んで出産した記憶。 


子供は予定日より10日早かったが、3,140gの元気な女の子が誕生しました。


生後7ヶ月から保育園に通い、大きな病気もなく育った娘。

その娘も今度の春から小学生になります。

娘がいるから私がいる。

育児は育自であると思います。


皆様ありがとうございました。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。