1995年カナダから始まったバックパッカー ①

小さい頃から海外に憧れていましたが、どうやって行ったらわからないことばかり、

大学2年の夏に、東北一人旅から始まりました。2週間の旅で、大阪から寝台急行きたぐにに

揺られ、新潟を目指し、鉄道好きの手伝って、いろいろな電車に乗る楽しみもありました。

そこから喜多方、磐梯、猪苗代、山寺、平泉、秋田、青森、奥入瀬、十和田湖、恐山、遠野など、

観光地を巡り、公共の宿を利用し、いろいろな人に出会って、五木寛之氏の書籍「生きるヒント」

に出会い大満足な旅でした。

そのあとは、一人旅の前に、初の海外旅行しようと思い、初の飛行機に乗り、

欧州へ友人と卒業旅行パック旅行に行きました。

これもローマ、ジュネーブ、パリ、ロンドン、友人と私は卒業旅行ではありませんでしたが、

パックに参加していた人と仲良くなりました。

この時点では、バックパッカーではない旅行でしたが、海外もこの調子で行けるのでは

との思いが出てきました。そうして、大学の3年の夏に3週間ほどかけてカナダ横断の

グレイハウンド長距離バスののフリーパスを買い、往復航空券を握って、旅立ちました。

著者の尾崎 匡紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。