家族のコミュニケーション-その2 役割分担と責任

1 / 2 ページ

後編: 家族のコミュニケーション-その1 コミュニケーションは大切

*-*-*-*-*-*-コラム*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-

 

家族のコミュニケーション-その2 役割分担と責任

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

具体的に皆さんのご家庭では家族のコミュニケーションを

いつ、どのように行なっておられますか。

それぞれ家族のルールのうなものがあると思います。

 

親、子供それぞれに家族全体に対する責任や負う荷は

違ってきますが、誰もが自分のは負わなければなりません。

その荷の分担をきちんと取り決めておくことは大切です。

 

夫の役割、妻の役割、子供の役割分担です。

 

以下はあくまでも一般的なものです。

普通の家庭は夫が外で働き、妻は家庭内を守ると考えられています。

でも妻が外で働いて家族の全収入を得ている所もあります。

それも家庭の姿です。

 

【夫の役割】

家族全体の行くべき道を示す。最終的にすべての責任を取ることが出来る。

家庭の雰囲気つくりに大きく影響を与える。

外で働いているから何もしないことはNGです。

最も大きな存在としてその働きも大きなものです。

 

【妻の役割」

衣食住の環境つくりに直接貢献します。

その荷は重く、当然夫や子供たちと荷を負いあう必要があります。

それをコーディネートするのも妻の役割です。

一人で全部を抱え込んでしまう妻は失敗します。

荷は分け合う。これ原則です。

 

【子供の役割】

親への信頼、柔順、協力は欠かせません。

両親に対するふさわしい恐れ敬意が必要です。

親を恐れますか?これは怖いという病的なものではなく、

自分を生んで育ててくれた親への当然の

感謝のこもった感情です。親のことは好きですか。

親から好かれていると思いますか。

 

それぞれの役割がきちんと行われていると

細かな規則は必要ではありません。

あまりに細かく規則を作るのは賢明な方法ではありません。

自己責任と家族への当然の責任をキチンを果たせること。

精神的な大人になっていくことが大切です。

 

 

■子供が問題に直面するとき。

 

子供に出来ること。

食事の時にはテレビを見ないようにしましょう。

ゲームやスマホは食卓へは持ってきません。

それぞれが素手で向き合う時となります。

 

何を話せばよいのか。なんでも話せる雰囲気の方が大切です。

自分が今思っていることを、何か話してみてください。

学齢期の子供たちであれば、学校での出来事。友達のこと、

先生のこと、成績のこと、体の変化についてなどなど

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。