【第24話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

前話: 【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

最後のお散歩

夏が過ぎた頃、なぜか父の食べっぷりが復活した。

何食も食べない時もあったのに完食が増え、寝たきりが多かったのに車椅子にも乗れるようになった。何が原因かは分からなかったが、とにかく嬉しかった。


体調もだいぶ安定してきた10月、外出許可がおりた。

とはいっても、出かけられるのは1~2時間程度。それでも嬉しい。


当日はびっくりするくらいの快晴。しかも10月にしては異常なくらい暖かく、風はそよぎ、湿度も少ない「パーフェクト」なお出かけ日和だった。

私達は、父の車椅子を押しながら、神社をぐるっと周り、いつもより少し遠出し、父が好きだった和菓子屋に寄ってきんつばを買い、公園でスカイツリーを眺め、近所にあったパン屋へ行き、父が選んだピーナッツコッペパンを買った。パン屋さんの匂いって幸せだよね。


施設に戻り、デイルームで一緒にお昼ご飯を食べた。

父は完食し、さらに買ってきたパンも完食した。美味しそうに食べた。

きんつばは、さすがにお腹いっぱいで無理そうだったので、また近いうちに行ってまた買おうね、といって持って帰った。

天候、父の体調、施設の都合等がなかなか合わず、近いうちに、は叶わなかった。

そして、父はまた次第に食べられない時が増え、12月、ついに再入院することになり、施設に戻ることはなかった。


この「最後の散歩日」は、今でもまるで映画を見てるかのように脳裏に刻まれている。

雲一つない青空、強い日差し、公園の草の匂い。

こんなベタでよいのか、と思うくらい幸せな時間だった。

まあ、思い出補正はかなり強めなんだろう。

よい補正をかけてくれたな、誰だか知らんがありがとう。


つづく

著者のヨシザワ ハルさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。