ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し8

オーナー「じゃぁ次に来たお客様を揉んでみて」

えええええええ!

いきなりだった。

ドキドキしながら待っていると来た!

インターネットに予約が入ったのだ。

女性のお客さんだ!

女性なら私でも…と言うぬるい考えは、女性客を見た瞬間に消し飛んだ。

格闘技をしていると言うプロレスラーのような女性だった。

緊張をひたすら隠し、女性のお客さんを揉み始めた。

私「お仕事帰りですか?」

お客さん「個人情報なんで」

私「……」

私「力加減は大丈夫ですか?」

お客さん「撫でてるの?」

私「……」

横でオーナーがチェンジすると言う合図を仕切りに出していた。

私は首を横に振った。

あの辛かった日を思い出せばなんて事ない。

もう逃げない!

自立する為に頑張るって決めたんだ!

とにかく、自分の体力全部使い果してもいいから満足させたい、そんな思いで必死に揉んだ。

そして60分揉み終わった時、お客さんが

「お姉さんうまいって訳じゃないけど、全力でやってくれてるのは伝わったし会話が上手で癒されたわ!」

横でオーナーがガッツポーズをしていた。

試験は合格。

次の日から歩合給が貰える事になった。

給料が出るようになっても毎日練習は欠かさずやった。

親指はいつも腫れていて、ボールペンすら持てなかった。

それから1ヶ月、昼は飲食店でバイト、夜はリラクゼーション店でバイト、帰りは夜中の0時を回る事も多かった。

2ヶ月目位から指名のお客さんが来てくれるようになっていた。

同期でデビューした5人の中で指名がいたのは私だけだった。

3ヶ月になった頃には指名は30人を超えていた。

オーナーから昼の飲食店を辞めてマッサージ1本でやって欲しいとお願いされた。

そして15万の最低保障を付けてくれた。

その頃、私は昼で8万、夜で6万位の稼ぎだった。

不安はあったが飲食店を辞めてリラクゼーションだけで食べて行く決意をした。

その事を彼にも伝えた。

彼から思わぬ言葉が返って来た。

彼「お前、変わったな…凄い頑張ってるじゃん

偉いな。」

涙が溢れた。

彼はとても優しい顔だった。

この頃から彼はゲームの話ししかしなかったのに仕事の話しをしてくれる用になった。

いつも気が向いたら会いに行くと言うスタンスだったのが、ちゃんと前もって約束をするようになり、会う回数も増えて行った。

仕事を休まない人だったけど、たまに調整して旅行にも連れて行ってくれるようになった。

全てが順調に進んでる気がしていた。





著者の青木 恵美さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。