世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(12)

1 / 2 ページ

最初から決まっていた?

コーポレートオフィスの扉を開けると、ミスターイマドの席がガラス越しに見えました。ところがその席は空席で、誰も座っていません。

「あの・・ミスターイマドは?」

オフィスに隣接した秘書席に座っている、ふくよかな女性秘書に聞くと

「食事中よ。今に、帰ってくると思うわ」

彼女は不愛想にそう答えてまたガサガサと手元の書類をまとめ始めました。

「やあ、ケイシー来ていたのかい」

しばらくして席に戻ってきたミスターイマドの表情から何かを読み取ろうとしましたが、無表情の彼からは何もわかりません。だんだんと不安が募る中、ケイシーは彼のデスク前に置いてある丸椅子に腰かけ、ミスターイマドが気の遠くなるほどゆったりとした動作でデスクの後ろに置いてある冷蔵庫からスパークリングウォーターを取り出すのを眺めていました。

「さて、と」

イマドはケイシーにそのボトルを手渡し、自分のデスクの大きな背もたれによりかかると太ったお腹を突き出して言いました。

「まずは結論から言おう。君の研修期間のひと月が過ぎたね。君のこのホテルでの勤務も、来週頭で最後になる。その日までに、今入居している従業員寮も引き払うこと。それがホテルの結論だ」

「えっ・・・・」

あまりに唐突な内容に、ケイシーは驚きのあまり表情を凍り付かせました。

来週というと、今日が火曜日なのでムスリムの慣習にのっとれば後二日しかありません。

いえ、そんなことよりも・・

「どうしてですか!あなたは、私を雇うときに約束したじゃないですか。ひと月猶予をやるから、一人前になってみせろって。私はその言葉を信じて、このひと月一生懸命やってきました。それを、フードチェックもせずにいきなり来週から来るなって?!ひどい話にもほどがあるってものじゃないですか?」

「だけど、残念ながらこれがホテルの上の決断なんだよ。君は、多くを知りすぎたしその秘密を話しすぎてしまった」

「秘密を話すなって言われたから、BENIHANAの誰も私が雇われる際のいざこざは知りません。あの約束は何だったのですか?私・・・シェフジェマールのフードチェックだって受けてないのですよ?そうだ、私シェフに直接会ってなぜなのか聞いてきます」

ケイシーは興奮して一気にまくしたてました。

「行ったって無駄さ。もう決定したことなんだ・・・」

ミスターイマドの最後の一言も聞き終わらぬうちに、身体は勝手に彼のオフィスを飛び出して地下に向かう廊下を走っていました。

みんなの読んで良かった!