世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(14)

1 / 3 ページ

君は、何か隠してないか?

「君は、何か隠しているんじゃないか?」

休み明け木曜日のBENIHANAキッチンで、シェフメッシが出勤してきたケイシーに向かって真剣な表情で聞いてきました。

「寿司ナイトの後でキッチンの奴らにきいても、シェフジェマールの片腕イマドに聞いても、みんなどこか何かつながらない。君はBENIHANAでうまくやっていた。僕らはすべてを君に教えたし君も仕事を一生懸命覚えたし、結果も悪くない。スタッフみんな、君のことが好きだし信頼している。でもなんで君はやめさせられるんだ?」

喉元までぐっと、こらえていた思いが急に不意を突かれたことで飛び出しそうになりながらもケイシーはなんとか自分を押さえました。

「何故なのかわからないよ、シェフメッシ」

感情を押さえようと必死にこらえるように、唇をかむとメッシはそんなケイシーの表情をじっと見てから唐突に言いました。

「僕は、君が辞めさせられるなら辞めてやる」

「えっ!」

「くそったれ、トップの考えることなんか理解なんてできない。僕はこのひと月、君にすべてを教えきった。可愛がった。この気持ちを踏みにじるなんて許せない。僕はこのホテルを辞めて、無職になる」

「それはやめて、シェフメッシ」

「ばかなことを言うんじゃないよ」

隣から見かねてラミエロも口を出しました。

「確かに僕たちはケイシーにすべてを教えた。でもそれは彼女が本当にいいやつだったからだ。彼女はもう僕たちの家族も同然だからだ。シェフジェマールの考えを待とう。きっと何か考えがあるはずだよ」

ダルウィンが冷静な面持ちで言いました。

そのとき、ケイシーの携帯がピコンと鳴ってショートメールが届いたのがわかりました。送り主はミスターイマド。そういえばとケイシーは思い出します。我を失ってシェフジェマールのオフィスに駆け込んでから彼とはそれきりになっていました。

メッセージを開けると、「今から、僕のオフィスに来るように」とだけ書かれていました。

「ちょっと仕事を抜けてもいい?シェフダルウィン」

ケイシーがそう言うと、ダルウィンは

「シェフジェマールに呼ばれたのかい?」

と聞いてきました。

「いいえ。コンプライアンスのミスターイマドに呼ばれたの」

みんなの読んで良かった!