6 min read

出会い系で僕が出会ったちょっと変わった女性達

Picture?width=400&height=400
著者:
青木 浩太
1 / 2ページ

20代の頃、僕には付き合って2年の彼女が居た。

僕がすごく惚れててそろそろ結婚を切り出そうと思ってた。


それがある日、頭をハンマーで殴られるほどのことが起きる。

それは僕の友人と彼女がセックスしてるところを見たのだ。

あとでわかったのはお互いすごく酔ってたからだったけど、酒の飲めない僕は

「うん、あることだよね」と納得することもできなかった。

結果は友人とも彼女とも縁を切った、


周りはもっと怒ってよかったんじゃないの?と言われたけど感情的には何にもなかった。怒るどころかなんの喜怒哀楽も自分の中に無くなっているんじゃないかと思うほど何にも思わなかった。


ただ、粛々と身の回りの二人の思い出を片づけてた。

2週間くらい経って、ちょっと気持ちが落ち着いてきてた。


出会い系の女とのセックスで嫌なことを忘れる

僕の中には彼女が欲しいって気持ちは1mmもなかったけど、なぜか性欲だけは以前よりも増してた。

とにかくセックスしてるとその間だけ嫌なことを忘れられる。

周りにセフレになるような子もいなかったのでもっぱら風俗だったけど。

気がつけば僕は出会い系で女性を探すようになってた。

いわゆる「ヤリモク」の男だ。


出会い系には色んな性格の女性がいた。

僕みたいに何かを忘れたくて相手を探してる人。

ただ自分の裸を見てほしい人。


出会い系って言ってるけど、中身は普通のSNSと変わらないように見えた。

あるとすれば普段みんなが理性で表に出さない「欲望」をさらけ出していることは違った。

みんな性欲や性癖に素直だった。


その中でも変わってるなぁと感じた女性は多かった。

まぁ、自分がセフレ探してるのに普通もないだろうけどね(笑)

特にメンヘラと呼ばれる精神的に不安定な女性との出会いは今でも覚えてる。

今でも話せるのは2人。


見た目からして普通じゃなかった大人の掲示板のゴスロリメンヘラ女子

僕がやってた出会い系の使い方はもっぱら割り切り希望の子を探してた。空いた時間にセックスできる女性と会う約束を取り付けてそこに向かって気持ち良くなって帰る。


女性も嫌なことを忘れたいから相手を探すって子がホントに多かった。その日は出会い系掲示板に書き込んだ内容と中々条件の合う女性がいなかった。


でも、どうしてもしたい日だったから仕方ないのでデリヘルでも呼ぼうかな、って思った時にプロフィール写真がゴスロリファッションの眼帯をつけた、所謂痛い系女子からメッセージが来た。


初めてのタイプだったのでちょっと迷ったけど、まぁ試しにいってみようかとお互いの探りのメールを何回かやり取りして会ってみることになった。