40歳独女。会社を辞めて女一人 大型バイクで旅に出たら...

次話: まずい、家がない!!旅から戻って横浜中華街で家賃3万円の部屋に住むことになったストーリー



「おまえ、バカじゃないの?」

「す、すみません...」


■今の仕事のままでいいの?将来が不安


就職してから気が付けばもうすぐ20年。


給料そこそこ、みかけもそこそこ?

結婚したけど、すぐ離婚しちゃって


わたしって、最低。自己嫌悪の日々。

年をかさねるごとに
会社にもいづらくなり

再婚の気配はないし
一生自分で稼がなければいけない


このままでいいの?
まずい、バイトでもするか


副業OKの会社だったので、

レジのアルバイトをはじめると

さっきの名セリフ


「おまえ、バカじゃないの?」


ひょえー、大学卒業したての

ケツの青いクソガキに(失礼)

投げつけられた一言。


悔しかったけど、なんか納得


そっか、わたしって会社では威張っているけど

外に出たら全然使い者にならないんだ


今の会社に雇っていただけるだけでありがたい
そう思わなきゃバチが当たるね


と頭ではわかっていても、

甘え切った会社では

わがままを言いたい放題でした(猛省)


■人生の転機は一冊の本



バイトもだめだとなると、

将来お金に不安なく暮らすためには

どうするか


いろいろ調べ始めました


『投資』


投資の勉強をはじめたころ

一冊の本に出会いました


そこには将来お金に不安なく暮らすための

情報があふれていました


ちっぽけな世界で生きてきたわたしにとって

その世界はまるで竜宮城のように

キラキラ輝く場所でした


■BMW F800Rでお遍路さん



竜宮城のおかげで

お金や仕事、将来の不安がなくなりました


2カ月後に会社を退職

3カ月後にバイクに荷物を積んで

一人旅に出ました


北は北海道から

南は天草まで


四国では88カ所お遍路巡り


旅の途中は予想もしないことの連続でした


立ちごけ 道迷い ゲリラ豪雨

真っ暗な道 未経験の林道



自分一人じゃ何にもできない

情けなくって 

何度も涙がこぼれてきました


弱いのに強がって

できないのにできるふりして


怖いのに怖くないふりして

泣きたいのに怒ってばかりで


どれだけ肩ひじ張って生きてきたか

思い知らされました


ようやくわたしは

自分ときちんと向き合って


「ヨシヨシ、よくやったね」と

褒めてあげられるようになりました


旅は一期一会 感動の連続

一人旅の醍醐味を体験しました


■起業、フリーランス、パラレルキャリア


旅のおかげで人生観が180度かわりました

太陽がのぼれば感謝し 朝目覚めれば感謝する


ほんのささいなことが どれほど幸せなことか

気づけるようになりました


わたしはもう 弱さを隠すための鎧(よろい)は必要なく

自分の道を 恐れることなく進み

道がなくなれば つくることができるようになりました

一人では決してできないことも

仲間がいれば達成できることを教わりました


竜宮城だと思ったその場所は

そういったことを知っている

先人達の集まりの場でした


現在はパラレルキャリアで修行中


■まとめ

40歳独女。会社を辞めて女一人 大型バイクで旅に出たら...


・毎日笑って

・ノンストレスで



感謝と幸せの日々を送れるようになりましたー!


ただいま 人生のツーリング中!


ライダーライター

 矢島 マーシャ

続きのストーリーはこちら!

まずい、家がない!!旅から戻って横浜中華街で家賃3万円の部屋に住むことになったストーリー

著者の矢島 マーシャさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。